悪魔的作戦参謀辻政信

「稀代の風雲児の罪と罰」という副題がついてます。
まぁ、越権行為は陸軍の専門特許ですから、
いや、それにしても、この人はひどかったみたいです
ただ、ボクの印象では黒島亀人なんかに比べたなら
アイディアいうか着眼というか、いいものを持ってたと思いますね。

第25軍がコタバル上陸を言い出しますが、
これ、この辻政信が提案したんです。
身の危険を冒して偵察にも出ています。
ただ、山下奉文さんはこう書き残しています。
「この男、やはり我欲強く、小才に長じ、いわゆるコスキ男にして、
国家の大を為すに足らざる小人なり。使用上の注意すべき男なり」
なんだか、ピッタンコって感じ。

悪魔的作戦参謀辻政信

生出寿 〈光人社NF文庫〉

  目次
第一部
 奇襲電撃作戦
 機略縦横
 最前線の一匹狼
 英軍最後の部隊
 真の勝利
 悪魔の仕業
第二部
 東條と辻と
 功名に走る男
 奇怪なる事実
 杜撰なる敵情判断
 賭け勝負の思想
 責任転嫁
第三部
 東奔西走
 参謀本部への栄転
 近衛首相爆殺計画
 滅亡への道
 惨憺たる結末
 参謀の資質
 全滅の責任
 時代の寵児
  文庫版のあとがき

陸軍の参謀といえど、参謀には指揮権はありません。
ただし、ややこしいのは、派遣参謀。
派遣されてきた参謀は、その前線の上部組織から来ますから、
だからといって指揮権があるわけではないんですが、
辻はやったんです。
ノモンハンで作戦主任の服部卓四郎の下、いろいろやらかしました。
その辻が、山下奉文さんの第25軍の作戦主任参謀となります。
参謀本部作戦課長であった服部が、
課の戦力班長であった辻を推薦しました。
山下さんのような戦略家で勇猛な指揮官に、
辻をくっつけたら鬼に金棒だろう。と、
一部長も次長も参謀総長の杉山元までが適切と判断し、
陸相の東條さんが賛成して実現したものです。
朝枝繁春さんは、ノモンハンのときの
辻の立場で、辻の下につきます。

辻が第25軍にやってきたのは山下さんよりも前です。
司令官は飯田祥二朗中将。
小澤治三郎さんと仲のいい陸軍将官です。
人柄の優しい人で、参謀たちがダラけてました。
その様子を見て辻が意見具申するんですね。
ダラけ具合がどんなものかといいますと、
「日本の将校さんたちは、女郎屋へ通うのに、
 堂々と軍の車に乗り、入り口に番兵を張り番に立たせている。
 フランスの将校も女郎屋へ行かないこともないが、
 平服で、人目を忍んでいく。これでは日本は負けるにちがいない」
ハノイの現地人のメイドの言葉です。
「ぜひとも司令部の軍紀を粛清すべきである」
こういうこと言う人です。
満州でもやってます。
今村均さんが関東軍参謀副長をしていたころ
今村さんに直談判しています。
「公費での飲食は禁止すべき」
上の人間は、こう言ってもらうとやり易いですよね。
そんなわけで、敵もつくるんですが、
急速に上司に近づきます。

しかし山下さんなんかには、すぐにバレちゃう。

後ろにいるときだけ威勢のいいヤツっていますけど、
辻は、それとは違います。
やるときはやります。

たとえばコタバル上陸。
このアイディアを実現させるために
辻は自ら偵察に出かけています。
開戦前の神無月です。
「明日、南部タイと北部マレーを飛んでみたいが、やれるか」
「はい、飛びます。参謀殿がいかれるなら、わたくしが操縦します」
「そりゃあ、ありがたい。じゃあ、日の丸を塗りつぶしておいてくれ」
「わかりました」
無断で他国の上空を飛ぶわけですから、
発見されれば戦闘機がやってきます。
戦闘機に追われれば、まず生きて帰れない。
二つ返事のこの偵察将校も立派ですが、
辻は弾雨を恐れる参謀ではありませんでした。

シンガポールが落ちると、辻は参謀本部に復帰し、
待望の作戦課作戦班長に就任します。
そして班長補佐の瀬島龍三を随えマニラに飛びます。

辻は勝手に捕虜を殺せって軍命令を出します。
141連隊の今井武夫連隊長や、
第10独立守備隊の神保信彦高級副官などは、
本間雅晴軍司令官がこんな命令を出すわけがない。と、
確認につとめ、
142連隊の藤田相吉連隊副官は
「わたくしを軍法会議にかけてください」と、
ガンとして拒絶しています。

辻は、どこに行ってもこういう勝手な命令を出すんです。

辻政信、のちには国会議員になっています。
讃えられるべき功績もあったのでしょうが、
こういう品位のない人間を、重い仕事に就かせてはいけませんね。

悪魔的作戦参謀辻政信


参謀本部の暴れ者陸軍参謀朝枝繁春

この朝枝さんっていう人は、シベリアに連れていかれてますから
「洗脳された人間」みたいな烙印を押す人もいるようです。
ただ、この本を読む限り、ボクはこの人を評価したい。

開戦前に「農林技師藤井猛」としてタイに乗り込んでいます。
タイのホテルに着いた翌朝にはバンコクの移民局から
出頭するように連絡が入っているという、状況で、
納得いくような調査はできなかったわけですが、
山下奉文さんの第25軍の参謀として開戦を迎えます。

参謀本部の暴れ者陸軍参謀朝枝繁春

三根生久大 〈文藝春秋〉

貧苦の中から
陸軍士官学校
市ヶ谷台の無法松
青年将校の義憤
区隊長から陸大へ
辻政信との出会い
マレー上陸作戦
大本営作戦課
痛恨の対ソ戦略
満州隠密行
無法松の「シベリア証言」
  あとがきに代えて
 参考文献

朝枝繁春さんの父親は、膝から下がなく、両手の指がありませんでした。
日露戦争で勇戦敢闘した生き残りなんですが、
手足を失ったのは、除隊後に凍傷にかかって切断したためです。
そのため、戦傷ではありませんので食っていけるほどの恩給は出ません。
繁春は、母親を助けるため小学生の時から働、き弟たちの面倒を見ました。

おそらく現代人が想像する貧苦などとは桁が違います。
その中で学校は一日も休まず、成績は超優秀でした。

海軍にダブる人がいます。高木惣吉さん。
海軍大臣の命を承けて、終戦工作に奔走した人です。
高木さんのお父さんは、やけ酒の飲み過ぎで身体を壊し、
過程が貧困に陥り、惣吉自身は勉強が好きで
高等教育を受けたいがために、海軍兵学校を受験しました。
この受験までもかなり苦労されています。
高木さんは、過労から体を壊してしまいましたが、
朝枝さんは体が強く、弾雨の下で作戦をめぐらすことのできる参謀となりました。

山下さんの第25軍は、通常であれば主力部隊である
第五師団が上陸作戦をせいこうさせたあとに、
上陸を開始するものですが、軍司令部の幕僚は
第一梯団に在って上陸作戦の陣頭に立つことにしました。
こういうことって大きいんですよね。特に初戦ですから。
そして「戦死後開封のこと」と断りを入れた遺言状を
軍司令官以下がそれぞれの家族にあてて書いたものを、
保管依頼状ととも南方総軍に送っています。

朝枝さんはパタニ上陸の安藤支隊に派遣参謀として在りました。
パタニは農林技師藤井猛として偵察した浜で、
上陸に最適と判断した場所でした。
最適のはずでした。
ところが、朝枝さんが偵察に訪れたときは満潮時で、
作戦時は干潮です。
バンコクに入った当初からつけられていたこともあり、
主力部隊の上陸地点であるシンゴラに比べ身の危険の方に神経がいってしまっていたようです。
「あの時、もし、タイの軍隊から攻撃を受けていたら・・・
 今でもその時の光景が夢の中に出てくるんですよ」
戦後、朝枝さんは三根生さんに語っています。

シンガポールを陥落させた後は、
関東軍の参謀となり、のちに大本営参謀となります。
そして、山下さんがフィリピンで第14方面軍司令官として
レイテ決戦に臨んだ時は、派遣参謀として仕え、
内々でアメリカとの講和を探りますが、
そのことがバレて大本営に呼び戻されます。
そして、本業である対ソ研究に励むわけですが、
ソ連軍が不法侵攻を始めたため、
関東軍に作戦命令を徹底させるために
朝枝さんが派遣されるこことなり、
そのままシベリア抑留となるわけです。

参謀本部の暴れ者陸軍参謀朝枝繁春

マレー沖海戦

この本の著者須藤朔さんは、海兵66期の攻撃機乗りです。
須藤さんの本を読むと、飛行機乗りの中でも
戦闘機や攻撃機、パイロット、偵察員など、
職種によってかなり考え方が違ってくるようで、
航空出身と言っても、参謀になった人の職種によって
作戦に大きな違いが生まれるようです。
読み進んで、突き詰めていくと、職種よりも人間のように思えます。
これは航空作戦に限った話ではないですね。
どれだけ指揮官が、バランスの取れた判断ができるかどうか。
専門であるがために策に溺れるということもありますから。

マレー沖海戦

須藤朔 〈朝日ソノラマ〉

  目次
 プロローグ
 1 イギリス東洋艦隊
 2 不沈戦艦「プリンス・オブ・ウェールズ」
 3 開戦前夜
 4 Z部隊、シンガポールを出撃
 5 出撃命令
  九六式・一式陸上攻撃機について
 6 十二月十日、〇四三五、われ接触を失う
 7 攻撃隊出動
 8 一一四五、敵主力見ゆ
 9 第一撃、水平爆撃
10 雷撃、「プリンス・オブ・ウェールズ」に致命傷
11 雷撃隊、奮戦す
12 突撃せよ!
13 浮沈艦、波間に消ゆ
 エピローグ
 マレー沖海戦の回想
 マレー沖海戦の経過
 参考文献
 戦後に思う

須藤さんのいいところは、
小澤治三郎さんを批判しているところですね。
小澤さんを批判するというのは、
ずいぶん勇気のいることだと思います。

小澤さんは寄せ集めの部隊であった南遣艦隊で
マレー作戦を成功させました。
井上さんの珊瑚海海戦の場合の寄せ集め度はさらにひどく
基地航空部隊に対しては命令が出せませんでした。が、
小澤さんは基地航空部隊も指揮下に入れていました。

そこで、こういう指摘をしています。
フネでなく、陸で指揮するべきであったと。
小澤さんは、旗艦とすべく重巡が欲しいと訴え、
第二艦隊の近藤信竹は、そんなものは陸から指揮したらいいと否定的。
山本五十六さんの鶴の一声で、「鳥海」がやってきます。
その「鳥海」で海上指揮したために、
味方機から攻撃を受け、攻撃停止命令を出すという
余計な結果をまねいた。と、近藤さんの案の方が正しい。
と、まぁ、そういう指摘です。

ただ、近藤さんは、エンダウ・メルシン上陸作戦に反対したときに
あんまり、陸軍ともめるな。という理由で、
やってやったらどうか。なんて言ってますし、
近藤さんの陸の上で、、、、というのは、
戦略的な判断のようには思いにくい。

さて、小澤さんに厳しい評価と言えば、奥宮正武さんがいます。
須藤さんは奥宮さんとは近かったようです。
ここで思うのは、小澤さんは航空艦隊の生みの親、育ての親
のように言われていますが、飛行機乗りではありません。
根っからの飛行機乗りで、同期や後輩を失った人たちから見ると、
ましてや、意見具申する側にあり、それが容れられなかった思いがあれば
厳しい注文が出るのも、当然と言えば当然かもしれません。
奥宮さんがおもしろいことを言っています。
マリアナ沖海戦で、緻密な小澤さんが基地航空部隊を指揮し、
見敵必勝の角田覚治さんの方が機動部隊の指揮官であったら、
かなり違う結果を得られたのではないか。

その上の連合艦隊が、無駄に基地航空部隊を消耗させていますので、
大きく結果が変わっていたかどうかは分かりませんが、
なんとなく、うなずける部分もあります。
小澤さんは智将であり、参謀長の方がよかったんじゃないか。
ボクの中にも、そんな思いがあります。
さて、小澤さんがかつぐほどの司令長官がいたのかどうか。

マレー海戦の方に話を戻しますと、
小澤さんが要請したものが重巡のほかにもう一つあります。
航空部隊です。
当然要請を受け入れたのは山本五十六さんですが、
須藤さんは、その部隊、鹿屋航空隊の三個中隊を引き抜いた
連合艦隊の作戦参謀三和義勇さんを賞讃しています。
この部隊は飛行機も新型、搭乗員の練度も高い精鋭部隊だそうです。
ちなみに、須藤さんはここの中隊長です。

もうひとつ、須藤さんの感覚で大切な部分を挙げておきますと、
わが日本軍は、開戦当初各所で快進撃をしたわけですが、
勝ったことをいいことに、細かいところに目をつぶっているという指摘です。
敵艦を発見した帆足正音予備少尉ですが、
ジツは索敵コースを独断で変更しているんです。
このために敵艦発見が一時間以上遅れています。
また、雲間に艦影を認めた時点で、直ちに「敵らしき艦隊見ゆ」
または「敵味方不明の艦隊見ゆ」を
地点とともに報告すべきであったと指摘しています。
あまりにも偉大な勝利であったために、
これらの過失は問われることなく功績だけがもてはやされた。
戦訓として取り上げられなかったこの種の失敗は、後日の戦闘で、
再三、他の搭乗員によっても繰り返されたとも言っています。

完全に浮かれてましたね。

マレー沖海戦


陸戦史集2マレー作戦

この本は少し毛並みの違う本です。
編者は陸戦史研究普及会。その所在地は市ヶ谷駐とん地。
駐屯地じゃなくて「駐とん地」なんですね。
ボクは自衛隊で通信科にいましたからよく電報を見ました。
駐とん地なんですよ。なんでだろう?

自衛隊の中の研究会なんですね。
序は陸上自衛隊の幹部学校の校長さんが書いてます。
「戦史は戦術原則の母であり、部隊訓練の準拠、
 武人修養の経典でもある。昔から心ある武人は深く戦史を研究し、
 これによって戦場の実相を感得し、
 死生の巷にあって武将としていかにあるべきかの姿勢を求め、
 あるいは用兵の要諦を窮地することに努めた」

マレー作戦

編集/陸戦史研究普及会 〈原書房〉

  目次

陸戦史集の刊行について
はしがき
第一章 作戦の起こりとマレーの兵要地誌
  一 作戦の起こり
  二 兵要地誌
第二章 作戦準備
 第一節 日本軍の作戦準備
  一 作戦準備全般について
  二 兵要地誌・地図の整備と情報の収集
  三 研究と訓練
  四 マレー作戦部隊の編成
  五 進攻基地の確保
  六 作戦計画と現地陸・海軍の協定
  七 作戦発起態勢の完整
 第二節 英軍の作戦準備
  一 全般準備について
  二 マタドール計画
  三 英軍の配備
  四 編制・装備、訓練等
第三章 上陸作戦
 第一節 上陸地点への前進
 第二節 コタバル上陸戦闘
  一 戦闘前に知りえた状況と地形
  二 交戦後判明した状況と地形
  三 日本軍の兵力・編組等
  四 侘美支隊の作戦計画
  五 戦闘経過
  六 戦果と損害
 第三節 シンゴラ、パタニー上陸
  一 第五師団の作戦計画の概要
  二 第五師団の上陸計画の骨子
  三 シンゴラ上陸
  四 パタニー、タペ—上陸
 第四節 上陸当初における軍全般の状況
 第五節 陸・海軍航空部隊の活躍
  一 英極東艦隊主力の潰滅
  二 陸軍航空部隊の活躍
 第六節 英軍の行動
第四章 ジョホール水道への進撃
 第一節 ペクラ橋梁への突進
  一 第五師団主力の作戦
  二 安藤支隊の戦闘
  三 作戦初期の兵站と鉄道部隊の活躍
  四 第三飛行集団の戦闘
  五 南方軍の作戦構想と第二五軍の指導
  六 第二五軍作戦計画の修正
  七 近衛師団のマレー戦線への転進
 第二節 カンタンとクワラルンプルの占領
  一 侘美支隊のカンタン占領
  二 軍の追撃命令とペクラ河の渡河
  三 カンパルの戦闘と渡辺支隊の海上起動
  四 スリムの戦闘
  五 工兵、銀輪部隊の活躍
  六 クワラルンプルの占領
  七 Q・S作戦の中止
  八 エンドウに対する航空用燃料の揚陸
  九 作戦中期の兵站の概要と南方軍鉄道隊の編成
 第三節 ジョホール水道への突進
  一 ゲマスの戦闘
  二 バクリの戦闘
  三 ジョホール水道への進出
 第四節 藤原機関の活躍
 第五節 マレー半島作戦の戦果と補給
第五章 シンガポールの攻略
 第一節 攻略準備
  一 シンガポールの概要
  二 第二五軍の攻略計画策定の経緯
  三 攻略計画策定のための研究と準備
  四 第二五軍の地得した状況と地形
  五 第二五軍の攻略作戦計画と攻撃命令の下達
  六 各師団の攻撃準備
  七 シンガポール航空撃滅戦
  八 英軍のシンガポール島防衛準備
 第二節 攻略実施
  一 攻撃準備射撃とウビン島の占領
  二 各師団のジョホール水道渡過
  三 テンガー飛行場の占領
  四 近衛師団のマンダイ山の占領
  五 要衝ブキテマ高地の占領
  六 降伏勧告
  七 英軍最後の抵抗
  八 英軍の降伏と山下・パーシバル両将軍の会見
  九 英軍降伏後の処理
付図第一 マレー半島略図
付図第二 インドシナ半島と海上機動図
付図第三 マレー半島の英陸・空軍配置図
付図第四 第二五軍マレー作戦経過要図(別添)
付図第五 コタバル上陸戦闘および飛行場の占領図
付図第六 ジットラ付近戦闘経過要図
付図第七 スリムの戦闘経過要図
付図第八 カンタン攻撃戦闘経過要図
付図第九 バクリ、パリットスロン付近戦闘経過要図
付図第十 シンガポール島攻略作戦・戦闘経過要図(別添)
付図十一 シンガポール島英軍配備要図
附表第一 第二十五軍、第三飛行集団等戦闘序列
附表第二 マレー作戦部隊主要職員録
附表第三 近衛師団編制表
附表第四 第五師団編制表
附表第五 第十八師団編成表
附表第六 作戦前における日・英両国軍人員装備概数表
附表第七 主要兵器、航空機諸元概要
附表第八 戦果および損害
 主要参考文献資料



マレー作戦といえば、コタバル上陸です。
これは小澤治三郎長官の決断。
ヘンテコな話なんですが、現地司令官である小澤さんが決めました。
小沢さんの上には第二艦隊(南方部隊指揮官近藤信竹)があり、
その上には連合艦隊(山本五十六)があり、
その上には陸・海の参謀部が合わさった大本営があるのです。
それが、小澤さんに一任されたんです。
海軍軍令部は危険が多いということで反対。
近藤さんも反対。五十六さんは、
おそらくやった方がいいという思いを持っていたんだけど、
ここで言っても難しい。と、「小澤がいいようにするでしょう」
こう言って、現地の第25軍司令官の山下と小沢で決めたらいい。
そんな流れになったんです。
軍令部は三代一就さんを派遣します。
陸軍は軍令部の意向を知っていますからピリピリしてる。
ここで小澤さんはこう言います。
「コタバルには第25軍の考え通り上陸作戦を実行されたい。
 私は全滅を賭しても責任完遂に邁進する」
この時の様子を、第25軍参謀副長であった馬奈木敬信さんは
このように述懐しています。
「その刹那、全議場は粛として声なく、
 むしろ快哉を叫び得ない感激の光景をていし」ていた。

小澤さんは、陸軍がそんなにいうのなら。と、
仕方なしに決行したわけではありません。
必要な作戦であり、かつまた勝算ありとみたためです。

シンゴラなどタイ側に上陸した主力部隊は第五師団ですが、
コタバルに上陸した侘美支隊は、あまりいいことを言われない、
あの牟田口廉也の18師団です。
侘美浩さんは旅団長で、56連隊を率いて上陸します。
牟田口自身は置いてけぼりをくった形で、
第五師団が快進撃をしているものだから自分も参加したくてしょうがない。
それを察した第25軍の参謀が、
侘美支隊の前方に18師団を上陸させようと言い出したんです。
山下さんの上の南方総軍まで乗り気になったんですが、
小澤さんは、これを止めさせています。
作戦が予想以上に順調に進んでいるのに、
わざわざ危険な地区(シンガポールのすぐ近く)に
上陸を急ぐことはないだろ、と。

どうしても小澤さんの話が多くなっちゃうんですが、
この本、陸上自衛隊の本なんでこのへんで辞めますね。

とにかく、このマレー作戦は快進撃と言っていい。
上陸地点から、シンガポールの手前ジョホールまで1100キロ。
これを55日間で駆け抜けちっゃたんです。
これ、日本の地理でいったら
九十九里浜に上陸して小倉に攻め込むくらいのことらしい。
ボクは、東京から長崎まで歩いたことがありますけど、
確かにのんびり歩いてますけど、40日かかっています。
このときの第25軍は、敵と戦いつつ、
壊された橋を直しつつ、突き進んでの55日です。
いや、ホント、頭が下がります。

陸戦史集2 マレー作戦




今村均大将回想録

これは四巻あるんですが、まとめて紹介します。

第一巻、檻の中の獏
第二巻、皇族と下士官
第三巻、大激戦
第四巻、戦い終る

昭和35年の後半に続けざまに出ています。
要するに、そのために書き上げたものではなく、
今村さんが書き溜めていたものを出版したというものです。
一番困ったのは、ボクは付箋を付けながら読んでいくのですが、
その付箋をはがすと、本もはがれちゃうんです。
本の古さと、紙質の問題でしょうね。

この内容は、今村さんが監獄の中で時間を持て余し、
許可を得て書きつづったものです。

檻の中の獏

序文
門違い・三宅島・謡曲・女の子の怪我・人違い・長靴・陸軍大学教育
陸大卒業・佐々木一等兵の銃剣術・其の後の佐々木一等兵・軍隊内務令・増援要求
廂を貸して主屋を取らる・妻を娶りし・千田登文翁
潜艦襲来・語学、裸体像・優れた先輩・珍田大使夫妻・ノックス事件・専門外のこと・給仕・修身
亡命の人びと・恋の葬らい・内憂外患
国歌・小学生、大学生・クオヴァデス寺・スエズ運河・花枝に序有り・凡、非凡・凡佛一如

皇族と下士官

上原勇作元帥・元帥副官・時代錯誤・大震災・遷都論・日本人・御乗馬・金指輪・馬車馬・揮毫・派閥・はけまし・栴檀・上原夫人・陰徳
臨検・鳩と鳶・母・演習審判
官物遺棄罪・印度駐在の頃・悪性熱帯マラリヤ・妻の死・手術、医術と宗教
育ての母・迷い児・特命検閲使属員・皇族と下士官
軍人の鉄道乗車券・満州事変の勃発と独断越境・十月事件・流言蜚言・他力本願・誠意ある宮仕えの人・錦州攻撃と上海事変
露営の悪夢・七了口・事変の反省・練武・大過失

大激戦

竜山赴任・煙草・子供同士・大阪金太郎先生・夜間警戒演習・二、二六事件
威重・松岡洋右氏・内蒙工作・機密費・恋の盲目・温泉療養所・「なんはべり」・鑑定・陸軍省・愛馬の歌
仏山・青島・蓄音器・錯覚・川柳・鼾声・会議・山栗・小鴉・蝗害、大黄河・ノモンハン事件・林檎、防諜
故郷、激浪・道なき路。南寧攻略・大行李。従兵・諜報・師団長戦死・増援・石での応戦・第一線連隊長の決死・対伏兵戦・軍命令・祈り。つくろい・新年の辞。火砲遺棄・新配備。野戦病院・従兵の夢

戦い終わる

敵の宣伝放送・没法子(メイファーズ)・日の丸・軍馬と兵・大攻勢・ねぎらい。戦場の勇者・慰安所・転職
魔法瓶・不可思議、三流居士・汪精衛氏
乗機故障・置き碁と独断の協力・ジャワ上陸・攻撃、敵軍降伏・善意の誤解・先輩の達観・軍政批判・インドネシアの子供・民族の矜持・面会・スカルノ氏・八重汐
ラバウル方面出動と飛行機事故・山本五十六元帥の戦死・糧なき作戦・戦場に於ける進級・現地自活・錦蛇・爆撃・築城、戦斗訓練・養鶏、蟻の巣・逃亡兵
詔書奉読・不幸な少年・戦い終りて

今村さんが亡くなられてすぐ、この四冊が
『私記・一軍人六十年の哀歓』という本にまとめられました。
新しく発見された遺稿などが入ったりもしましたが、
割愛された部分も多く改めて
『続・一軍人60年の哀歓』という本が出ていますが、
この二つに漏れたものもあります。
おおむね個人的な小事をつづったものと言っていいでしょう。

『井上成美の遺言』の予告編を書き終えてしばらくしてから、
小沢治三郎さんと草鹿任一さんのことを書こう!と、
「海軍兵学校第37期編」というものを書くことにしました。
そのとき、草鹿さんがラバウルで一緒だった今村均大将は、
小澤さんとも浅からぬ縁があることを知り、
まず今村均さんの本から読みはじめたのです。
それがこの四冊。〈自由アジア社〉

今村さんというのは、非常に立派な方で、
ちょっと、当時の軍人さんにしては
バランス感覚が取れすぎてたような感じがして、
ある意味井上成美さんに通じるところもあるのですが、
今村さんは戦にもめっぽう強いです。

では、相当人気のある将軍であったかというと、
陸軍軍人では、阿南さんの方が人気があったみたいで、
尊敬はされていましたが、聖将と言った印象で、
ちっょと、別世界の人みたいに見られていたのかもしれません。

井上成美さんの兵学校教育に相当するのが、
今村さんのジャワ統治、今村軍政でしょう。
中央からさんざん非難されながらも、
これを押し通したことは、
今インドネシアが親日国になていることの
根っこになっていると言っていいと思います。

檻の中の獏檻

皇族と下士官

大激戦

戦い終る

井上成美

この本は、なにか賞を取ってるんですよね。
いろいろな提督の伝記があります。
伝記刊行会なんて、会を作って編集する形が多いんですが、
非売品のものも多くあります。増刷なんで、まず考えにくい。
ところが、この井上成美伝記刊行会の作った『井上成美』は、
初版が昭和57年。
ボクの持っているのは第10版、で昭和62年のものです。
本として、資料として価値を認められた作品といえます。

この存在は早くから知っていましたし、
売ってる店舗も知ってました。
ボクは、はじめは本など書く気はなく、
ただ知りたくて古本を読み漁っていました。
読み漁るといっても、ボクは本を読むのが遅いんで、
それほどのペースでは読めないわけです。
そんな人間からしますと、このような厚い本
(広辞苑とまではいきませんが、中型辞典よりは大ぶりです)
は、気後れしますし、金額的にも、
いつもは300円、500円とかで買っているのに、
もう一個丸がついてるんです。
でも、そういう理由でためらって、
次の機会に無くなっていた本などもありまして、
やっぱり、見つけたときは買うときだな。と、
それでも、厚い本ですから、
買ってからもしばらく飾ってありました。

そして、この本を読みだした頃には、
井上さんの話題性のあるエピソードは、ほぼ知ってましたから、
新たに、そうなんだ。というものはなかったんですが、
すごく大切なことに気づいたんですね。
小説に出てくるセリフなど細かい部分はデフォルメされたり、
作家の思いによって屈折することがあるということです。
このことに気づいてからは、
なるべく一次資料に近いものを探すようになりました。
ただし、注意点もありますね。
自叙伝であれば、その人の性格によっては、
小説家以上の屈折があることがあるということ。

井上成美

井上成美伝記刊行会 

  目次
 はじめに
第一章
 生いたち
  君子は人の美を成す
  一本気で厳格な父
  母は琴に堪能な姫君
  強い個性の兄弟たち
  殿様ご自慢の「シゲちゃん」
  寄宿舎のような自治生活
 自由と規律と夢の青春
    ――兵学校生徒時代――
  英語が苦手の三号生徒
  バッジが襟に光る井上伍長
議論より実践の宗谷組
    ――少尉候補生時代――
  われら”ベッキ組”(近海航海)
  兵卒並の宗谷組候補生(遠洋航海)
  教育の成果は二十年後
  最先任者として少尉任官
第二章
 勉学、結婚、そして海へ
    ――初級将校から大尉まで――
  遣英艦隊として皇帝載冠式へ(鞍馬乗組)
  米内、山本との出会い(砲術学校・水雷学校普通科学生)
  物足りない初陣(高千穂・比叡乗組から第一次大戦へ)
  一人前の海軍将校に(桜乗組と扶桑分隊長)
  四年ぶりの陸上生活(海大乙種学生・専修学生)
  再び海へ(淀航海長)
 西欧精神に学ぶ
    ――スイス・ドイツ・フランス駐在時代――
  ドイツ語の夢を見た(スイス駐在)
  高い身分には義務が伴う(ドイツ駐在)
  義務感旺盛な西欧人に接して(フランス駐在)
 律儀で折り目正しい航海長
    ――球磨航海長時代――
  任務遂行に全力傾注
  シベリア出兵と井上の戦争観
 エリートへの関門
    ――海大甲種学生時代――
  筆答六十番、口頭一番
  恩賜の軍刀はもらわず
 初めての海軍省勤務
    ――軍務局B局員時代――
  法律を基礎から勉強
  生涯の友、榎本を知る
 国民性にガッカリ
    ――イタリア駐在武官時代――
  彫刻家の意欲を誘った井上の顔
  高木惣吉との出会い
 軍政畑からの戦略教官
    ――海大教官時代――
  異論よぶ独自の教授方針
  探偵小説と戦略の関係
  情報を重視した先見性
  N二乗法則と軍縮条約
第三章
 孤独な闘い
    ――軍務局長第一課長時代――
  軍政参画の第一歩
  無理が過ぎれば道理が引っ込む(軍令部条例と省部互渉規程の改定)
 馘どころか一国一城の主
    ――比叡艦長時代――
  失意のなかに得た好ポスト
  艦隊派のねたみ
  怪しい会合には出るな
  満州国皇帝の御召艦
  ニミッツとの出合い
  長井宅の完成と航空写真
 米内光政との初コンビ
    ――横須賀鎮守府参謀長時代――
  参謀長は長官の小間使い
  二・二六事件を予測して
  女は不得手、隠し芸は七面相
 機関科将校問題に取り組んで
    ――軍令部出仕兼海軍省出仕時代――
  差別の歴史的背景
  結論は一系化、実施されたのは七年後
 日独伊三国軍事同盟の阻止
    ――軍務局長時代――
  海軍省の”左派”トリオ
  国軍を政策に使うは邪道なり
  理に徹しすぎる余り
 事変処理に手腕を買われて
    ――支那方面艦隊参謀長時代――
  「級友三代相伝」のポスト
  馘を覚悟ならどうぞ
  軍楽隊も”指揮”した参謀長
  矛盾に苦しむ作戦指導
 日米戦争形態の的確な予測
    ――航空本部長時代――
  中央は人も空気も変わっていた
  すべてはあとの祭り、三国同盟
  艦隊決戦思想を打破した新軍備計画論
  わずかな機会を捉え戦争回避に努力(次官代理)
  南部仏印進駐に警告を重ねる
第四章
 史上初めての母艦決戦
    ――第四艦隊司令長官時代――
  広大な防備海域、旧式の兵力
  長官の優雅な一日
  コンパクトを少女に贈る
  ウェーク攻略に一度は失敗
  珊瑚海海戦は「消極的」だったか
 時流に抗してジェントルマン教育
    ――海軍兵学校長時代――
  母校の校長へ
  戦時教育の苦心
  ジェントルマンをつくる
  みがけますらを 大和だましひ
  数学パズルと英英辞典
  マンモスクラスの誕生
  実らぬ稲を刈るな
  巣立った若者たち
  全生徒の眼に灼き付いた答礼
 戦争終結への決断と行動
    ――海軍次官・軍事参議官時代――
  政治のときは天井を
  戦いに即さぬ赤レンガの空気
  絶望的な戦況
  政治嫌いの政治活動
  戦敗れて大将あり
  有終の美を全うせよ
第五章
 隠棲の日々
    ――戦後の生活――
  ギターを弾く老提督
  苦悩の生活の始まり
  子供らに愛を注いだ英語塾
  清貧の中にも矜持を保つ
  旧部下たちに接して
  働いて働きぬく生活
  小松でも英会話の先生
  病に倒れる
  再婚の式はお稲荷さんで
  防大の正門はくぐらず
  兵学校の教え子たちとの交流
  世に出た”荒崎放談”
  終焉
  残された聖書と讃美歌
  悲しくも立証された予言
 協力者名簿
 参考文献
資料編

この資料編がかなりのボリュームでしてね。
339ページ、しかも字が小さい。

『新軍備計画論』のなかの「日米戦争の形態」

ちょっと、軽い言葉にします。

日本がアメリカと戦うことになった場合、
負けないというやり方を狙えないでもない。
でも、アメリカを負かすことはできない。これは明白。
アメリカは広いから
向こうが音を上げるところまではやっつけられない。
完全な海上封鎖はできないし、
できたところで向こうは海外依存してないから意味がない。
逆にアメリカが日本を攻める場合、
首都占領も可能だし、海上封鎖も可能。
これやられたら日本はお手上げ。

だから日本はアメリカとやっちゃダメだし、
やるならどうやって負けないようにするかを考えて、
それに沿った軍備をしなきゃ。

そのための、新軍備計画論なんですね。

井上成美

海軍参謀

「艦隊令」にはこのように書いてあるそうです。
「司令長官の幕僚たる参謀長は、司令長官を佐け
 隊務を整理し、幕僚その他隊務に参与する職員の職務を監督す」
「司令長官の幕僚たる参謀は参謀長の命を承け
 艦隊の軍紀、風紀、教育、訓練、作戦等に関することを掌る
 機関科将校たる参謀は前項の規定によるの外機関長の命を承け服務す」

山本五十六さんの連合艦隊でいいますと、
宇垣纒参謀長が黒島亀人先任参謀以下に命じて
各専門分野を研究させたり処理させるべきなのです。
ところが、山本さんは黒島仙人に作戦を任せちゃう。
将棋相手の渡辺安次戦務参謀が、長官の意思を忖度して周りに伝える。
こんな流れで宇垣さんは蚊帳の外でした。
黒島なんて人は、仙人参謀とか変人参謀とか呼ばれてた
ただの変わり者です。
どう贔屓目に見ても、百人でかかっても秋山さんには及ばない。
そして、最大の問題は参謀長がラインから外れちゃってることです。
本来なら宇垣さんが黒島以下の手綱を握ってなきゃいけないのに、
その手綱を、山本さんが取り上げちゃって、
さらに、山本さん自身がその手綱を離しちゃってる状態。

参謀長の仕事は、各参謀の手綱を握るってことと、
もう一つ大事な仕事があります。
長官に誤りがあればそれを正す。これが佐けるです。
ところが宇垣さんは遠ざけられてます。
悪いことに、宇垣さんが参謀長として着任する前に
作戦は出来上がってたんですね。

海軍反省会でも、かなりこの人事に関しては
問題になっておりまして、
山本という人、黒島という人、その個人の適性の問題もあるが、
司令官と参謀長というコンビネーション、これは非常に大切だ。
人事局は何考えてたんだ、みたいな。

海軍参謀

吉田俊雄 〈文春文庫〉

  目次
第一章 海軍参謀とは
 一 戦いは人なり
 二 海軍参謀はカゲの人
 三 参謀はどう作られたか
  (一) 教育
  (二) 兵術思想
  (三) 「海戦要務令」
  (四) 人事
 四 参謀の職務と実務
第二章 海軍参謀像
 一 黒島亀人
 二 宇垣纒
 三 福留繁
 四 定岡定俊
 五 神重徳
 六 草鹿龍之介
 七 源田実
 八 沢本頼雄と井上成美
終章 失敗の教訓
 一 失敗の教訓
  (一) やはり現実的なポリシーが必要だった
  (二) やはりマニュアルが必要だった
  (三) 歴史の読み方がたりなかった
  (四) 人事と教育を二重構造にした
 二 陸軍参謀と海軍参謀
  (一) 体質の違い
  (二) 参謀の性格の違い
 あとがき

源田実は、同期の淵田美津雄にこうもらしています。
「いつでも自分の起案した命令案が、スラスラと通ってしまう。
抵抗がなくていいようなもんだが、実は違う。
自分だけの考えで起案したものが、

いつも上の方で、何のチェックも受けずに、
命令となって出ていくと思うと、そら恐ろしい。
おれ自身は、いくら自惚れても、もとより全知全能ではない。
重大事項では、いろいろと判断に迷う。
ところで自分の判断ひとつで、
直に国運が左右されるかもしれない影響を及ぼすと考えると、
重大な責任感に圧迫されて、自然と委縮してくる。
これが大西瀧治郎少将や、山口多門少将あたりが上にいてくれると、
必ず案をチェックして、あらゆる角度から叩き直して突っ返してくる。
そうなるとこちらも安心して、
思い切り自由奔放な作戦構想も練られるというもんだが」

これは南雲忠一さんの艦隊の話です。南雲さんは水雷の人。
チェックすべき参謀長は草鹿龍之介。
草鹿は飛行機乗りではないんですが、
一応航空に明るいということで選ばれたのだと思います。
先任参謀は大石保、この人は航海です。
源田実は航空参謀。このとき中佐の二年目。
こんなのに艦隊を任せちゃいけません。

こう考えたとき、指揮官もさることながら、
参謀長の人選は重要ですね。

そして、山本五十六さんの経歴を見ると、軍政一筋で
先任参謀、参謀長の経験がありません。
艦隊司令長官も、連合艦隊が初めてでした。
戦争が始まる前に陸にあげるべき人でしたでしょうね。

海軍参謀



特攻長官大西瀧治郎

海軍の将官で、腹を切ったという人は、
あまりいないように思います。
飛行機で突っ込んだ宇垣纒さんなんかは、
部下も連れて行ったということで批判を受けたりしています。

戦後の裁判なんかでも、
海軍で死刑になった将官は、
南方の根拠地隊の司令官だった阿部孝壮さんとか、
インド洋で敵交通線破壊作戦で商船を拿捕した
第16戦隊司令官左近允直正さんとかが、
捕虜の取り扱いで死刑を宣告されたというのはありますが、
東京裁判で死刑になった海軍軍人はいません。

海軍が司法取引をしたんじゃないか。
こういう考え方もあると思います。
もう一つ言えるのではないかと思うのは、
アメリカ側も陸軍と海軍は違いますから、考え方が違う、
それと同時に案外海軍というだけで世界共通認識があったんじゃないか、
そんなことも働いているような気もします。

さて、大西さんが全部をひっかぶって腹を切ったおかげで、
ある程度知らん顔した司令レベルの人たちが居ます。
だいたい宗教家になってます。仏教なりキリスト教ですね。
純粋に部下の供養のためにそういう身の処し方をした人っていたのかな。
勝手な想像ですけど、己自身が帰依したのではないだろうか。

陸軍にはいましたね。
何度も何度も特攻を志願した教官が。
藤井一中尉は妻帯者ですし、特攻は許されません。
そのとき妻のとった行動は、子供たちを連れての入水自殺でした。
これで心置きなく行けるでしょう。と、遺言を残して。
ここで軍も事情を酌んで、やむなく許可します。

海軍では、こういう方が話題に出てきませんね。
この本で生出さんはこんな紹介をしています。
「神風特別攻撃隊の戦死者2524名のうち、
 佐官は神雷部隊隊長野中五郎少佐(61期)唯一人である」
この野中さんは、二・二六事件の
中心人物とされた野中四郎さんの弟さんです。
「兵学校出身者は、69期が3名、70期が10名、
 71期が30名、72期が42名、73期が25名である」
「敗戦にあたって、特攻隊の戦死者に対して謝罪し、
 自決した関係将官、佐官、尉官は、大西のほかに見当たらない」

特攻長官大西瀧治郎

生出寿 〈徳間書店〉

まえがき
体当りをやるほかない
「死の踏絵」を踏まされた甲飛十期生
指揮官関大尉は予定の人身御供
大西長官の特攻訓示に感銘せず
玉井副長、中島飛行長と、特攻隊員のズレ
芸者を殴り海大失格という真相
「国を以て斃るるの精神」に傾倒
「戦闘機無用・戦艦無用論」の代表
奥田司令、身代わりで死す
参謀長ではなく乱暴長
乗せられた蛮勇の将
「特攻教」教祖と化す
負けて目ざめることが最上の道
米内海相の人形芝居の人形
二千万人特攻か降伏か
あとがき

昭和19年長月の末ごろ、台南空で搭乗員総員集合がかかった。
高橋俊策司令は「妻帯者と一人息子はここから出るように」と言った。
しかし、誰も出ていかない。
誰もが、そろそろ特攻が始まるということを知っていたためで、
四ヵ月前に結婚したばかりの関行男大尉も出ていきませんでした。
「海軍はいよいよ特攻をやることになった。
 志願するものは、あとで、上司に直接志願書を出してもらいたい。
 ただしこれは、あくまでも志願である」
関さんは「特攻志願書」を寺島美行飛行長に提出しました。
その後すぐ、関さんは201空に転属になります。
201空は、戦闘機の部隊ですが、関さんは艦爆乗りです。
201空には気力充分技量抜群の菅野直大尉がいました。

生出さんは『神風特別攻撃隊の記録』(猪口力平・中島正著)などを
引きながら、このような推察をしています。
ちなみに、猪口は当時の第一航空艦隊先任参謀、中島は201空飛行長。
201空の副長玉井浅一は猪口とは同期です。
そして、第一神風特別攻撃隊員は、すべて
この玉井副長の子飼いの第十期甲種飛行予科練習生だそうです。
「さて、指揮官をだれにする」となったとき、
菅野がいれば。。。というわけですが、
菅野大尉は、飛行機を受け取りに内地に行っていました。
この任務を受けたとき、菅野大尉は拒みます。
そろそろフィリピンで大戦があることは想像がついていたからです。
ところが、中島飛行長が「お前だけ戦地が長いから」と、
いろんな理屈を付けて強引に追い出しましす。

生出さんはこう言うわけです。
「『神風特別攻撃隊の記録』では、
 たまたま菅野が内地に飛行機を取りに行っていたような
 言い方をしているが、はじめから菅野を残すために内地に送り、
 他所から艦爆乗りの関を持ってきたのではないか」


特攻で散華された英霊の皆さんの尊い思い、意思を考えると、
それを指揮した人たちに対しては、
どうしても厳しい注文をしたくなってしまいます。

特攻長官大西瀧治郎

陸軍の異端児石原莞爾

石原さんに関する本は、たくさんありますし、
今でも新刊が出続けているんじゃないでしょうか。

10年前(皇紀2669年)に
『「東京裁判」を読む』を読んで、興味を持った軍人さんが三人いました。
米内光政、井上成美、石原莞爾。
たまたま、古本市で米内光政さんに関する本を読み、
それを読んで、激しく井上成美さんに興味を持ちました。
これが、なかなかないんですよ。
そんなわけで海軍の方に流れて行ってしまったわけですが、
陸軍だからというだけでなく、
石原さんに関する本が多くて、圧倒されちゃった感じですね。
それでも、興味深い人物ですので、
手に取ってみたわけですが、今となっては、
数ある中で、なぜこの本だったのか、ちょっと理由は思いだけません。

陸軍の異端児石原莞爾

東條英機と反目した奇才の生涯

小松茂朗 〈光人社〉

  目次
 プロローグ
第一章 大器の構造
  わが宝を写す
  休日の名士訪問
  士官候補生
  陸士の名物男
  連隊長への意見具申
  心の掟
  試験官の目
第二章 毒舌と奇行
  伝家の宝刀
  河井継之助に学ぶ
  恩賜の軍刀
  二度の結婚
  秀才の本領
  板垣を知る
  ドイツ留学の成果
第三章 国境の風雲
  満州事変の主役登場
  事変ののろし
  軍司令官の迷い
  朝鮮軍との密約
  ”留め男”
  怒髪天を衝く
  予期せぬ大事件
  敵弾の中へ
  正念場に立って
  満蒙独立計画
第四章 幻の理想郷
  新政権樹立への悲願
  錦州爆撃の波紋
  起こった政変
  窮地を脱す
  満州国誕生
  一抹の不安
第五章 軍閥の相剋
  松岡全権の随員として
  被治者の立場で
  良兵良民対策
  私心はなく
  参謀本部作戦課長
  雪の日の惨劇
  陸軍のガン
第六章 怨念の火花
  盧溝橋の一発
  戦火、上海に飛ぶ
  軍人、官僚を叱る
  「東條上等兵」
  予備役志願
  驚きの連続
  偉大なる将帥
  石原式滲透戦法
  精兵主義
  ”兵は神なり”
  信賞必罰の信念
第七章 亡国への道
  一身を賭して
  軍を追われる
  日米戦への重大警告
  恐怖の時代
  対米戦略論
  故郷へ帰る
  石原と東條の会見
第八章 勝者と敗者と
  歴史の証人
  光風霽月
  俺を戦犯にしろ
  最悪の砂漠で
  極東軍事裁判酒田法廷
  軍政の大失敗
  第一級戦犯
  円形の塚
 あとがき

ボクの中で石原莞爾さんというと、
東條英機との反目、2・26事件で、
満州事件は、それほどでもない。
最も魅力を感じたのは、極東軍事裁判です。

陸軍の将軍の中には、陛下や国民に対して責任をとるため、
自決した人が多く居ます。
連合軍にたいして、「私を裁け」という意思を示したのは、
昭和天皇と石原莞爾さんだけじゃないでしょうか。

石原さんは膀胱炎がひどくて、昭和21年の正月から、
東京飯田橋の逓信病院に入院しました。
その病室に極東裁判のイギリス検事が入ってきまして、
「証人として訊問する。板垣征四郎を知っているか?」
「知っている」
「橋本欣五郎は?」
「親交はない。しかし、知っている」
「板垣征四郎と橋本欣五郎が
 どのような関係にあるか、知っているであろう」
「二人の間柄については全く知らない」
「知らないわけないだろ」
「知らぬ」
こんなん繰り返しつつ、石原さんの方が折れそうもないんで、
この検事、こんな捨て台詞を残して立ち去ろうとします。
「今日の調べはこれで終わる。
 板垣と橋本の関係を思い出しておけ。明日またくる」
「待て!コラ」
検事が振り向きますと、石原さんはこう言います。
『失礼なことを言うな。
 忘れたものなら思い出すこともあるだろうが、
 知らないものをどうやって思い出すんだ。
 オレは日本男児だ。断じて嘘はつかん」

次の日には、愛想のいいアメリカの将校がやってきました。
今度はあいさつ代わりに、石原さんが先を制しました。
「仮にワシが参謀総長だったら、太平洋戦争に勝ち抜いたはずだ。
そうなれば、立場は今の反対だった」
相手はニコニコ笑うばかり。そして、こんな質問。
「戦犯の中で、誰が一級と思うか?」
おそらく石原さんと東條さんの関係なんて知ってますから、
東條って答えてほしかったんじゃないでしょうか。
「トルーマン」
「それは大統領のトルーマンのことですか」
「そうだ」
「本気でいっているのか?」
「日本男児は常に本気である。今後そのつもりでいてほしい」
「ならば、その言葉を信ずることとして、
なぜトルーマン大統領が第一級戦犯というのですか」
「彼が大統領に就任のとき配布したビラに
“もし日本国民が軍人に協力するならば
 老人、子供、婦女子を問わず爆殺する”とあった」
「あれは脅しだ」
「なにを言うか、ビラのとおり爆撃し、多くの死傷者を出した。
B29が非戦闘員を殺傷したのは周知のとおりだ。
長崎、広島の爆撃による惨禍を忘れたわけではあるまい。
九死に一生を得た被災者でも、一生苦しまねばならぬ。
トルーマンは、この悪業をあえて実行したではないか。
一級どころか特級だ」
そのうち、戦犯はどこまでさかのぼるべきかという話題になり、
相手が日清、日露の話をしだしたんで、
「それを言うならペリーを連れてこい!
あいつが日本をこじ開けたのが元だ」

こんな調子で、昭和22年に開かれた酒田での極東軍事裁判の
臨時法廷でも、石原さんは検事らを手玉に取ります。
これがまた、傑作なんですが、
ボクの言葉なんかより本書をご覧ください。

陸軍の異端児石原莞爾


井上成美

阿川弘之著 新潮社
この本、目次がないんです。

表紙などにフリガナはないんですが、
これなんていうんだろう、最後のところ
著者や発行者、発行所とかが書いてあるところ
ここの題名には「いのうえせいび」ってふりがながあります。
変わった人ね、阿川さん。

本文には、第何章って記述はあります。
ありますが、題名はないです。
そんなわけで、差し出がましいのは重々承知の上で、
各章の紹介もかねて、
ボクが題名なような紹介文を書くことにします。

序章 (8項)
主に海兵37期の同期生を通した井上成美の評判です。

第一章 (10項)
軍事参議官時の副官金谷善文大尉の紹介から、井上英語塾開校まで。

第二章 (10項)
米国戦略爆撃調査団から、杉田主馬の紹介、
海大教官、軍務局第一課長。

第三章 (9項)
ミスター井上の英語塾、山崎晃の紹介から、
米内光政の死、娘靜子の死、そして孫。

第四章 (12項)
「比叡」艦長時代、今川福男大尉と花岡雄二大尉、
そして、大井篤と海大34期の海兵51期組。
横須賀鎮守府参謀長、二・二六事件。

第五章 (9項)
一系問題、そして、米内光政海軍大臣、
山本五十六海軍次官、井上成美軍務局長で三国同盟に反対。

第六章 (9項)
「欧州の天地は複雑怪奇なる新情勢を生じ」
平沼内閣の総辞職から、支那方面艦隊参謀長。
須賀彦次郎少将のこと。

第七章 (9項)
海軍三国同盟承認、航空本部長へ。
中山定義少佐と扇一登中佐。
『新軍備計画論』一系問題に取り組む高田利種。
臨時局部長会報と司令長官への説明会。

第八章 (12項)
第四艦隊司令長官、近衛内閣総辞職。
土肥一夫少佐の焦燥。作戦打ち合わせ会議。
開戦。ポートモレスビー攻略計画、珊瑚海海戦。
松田夫婦、新宮一司の話。「小松」トラック支店。
ガダルカナルの攻防。海軍兵学校校長へ。

第九章 (10項)
山上実機関参謀、「東京タイムズ」記事を見るから、
井上塾生たちの話。今川福雄との貧窮問答から、吐血。そして再婚。

第十章 (9項)
飯田秀雄参謀を随え、海軍兵学校へ。各改革。
企画課長小田切政徳。
予備学生教官。賀陽宮治憲王への訓示。

第十一章 (8項)
教育者井上。森浩主計中尉から帯刀与志夫主計中尉へ。
嶋田海軍大臣兼軍令部総長。

第十二章 (8項)
東條内閣総辞職。米内大臣、井上次官。
軍令部出仕兼海軍大学校研究部員次官承認服務、高木惣吉。
兵備局二課長浜田祐生。倉橋友二郎少佐。調査課中山定義中佐。

第十三章 (10項)
陸海軍統合案。鈴木貫太郎内閣。米内海軍大臣続投。
ドイツ降伏。大将昇進、軍事参議官へ。
水交社、井上・高木・中山。ポツダム対日宣言。
原子爆弾。情報参謀中島親孝の発言。終戦。

終章 (10項)
喜寿の祝い。幹部学校長中山海将補、高木惣吉連続講義。
富士子夫人。孫、丸田研一の訪問。古鷹ビル、深田秀明・岩田友男。
海上自衛隊幹部学校長石塚栄。防衛大学校長猪木正道。豊田譲。

井上成美