勝利への脱出

Escape to VICTORY
1981年、アメリカ

10年くらい前、いや、もっと前ですね。
あっ、20年前になるかも。
ほぼ毎週劇場で映画を見ていました
日本映画やハリウッド映画は見たいものがない時で、
単館上映的なものですね。
そういうマニアックなものを好んで見ていました。
そのことを知っている若い子が、
ボクのお勧めの映画は何か、と尋ねたんです。

「勝利への脱出」シルベスター・スタローンが出てたな。
主役だったかどうか忘れたけど,,。
サッカーの映画でね、ペレが出てるんだよ。
あの頃(会話があった頃)はサッカー熱が始まったくらいで、
たまたまその彼はサッカー好きだったんです。

全く知らないそうで、さっそくDVD借りて見たそうです。
ずいぶん評判が悪かった。
まぁ、ボクの日頃の会話や、映画への志向などから
こう、なにか、深さというか、
考えさせられるような映画を期待していたのかもしれません。
それならそうと、言ってくれればいいのにね。
ひき出しは持ってんだからさぁ。

まぁ、非常にベタな映画なんですよ。
嫌いな人はいないと思うけど、求めないかもね。

見てみましたが、スタローンは主役ですね。
1979年がロッキー2ですら、充分ビッグネームですね。
ボクの好きな映画はハッピーエンドです。
そして、そのエンディングの見せ方ですね。
この「勝利への脱出」みたいなのが好きなんです。

勝利への脱出



はっきり覚えてないんですけどね。
自衛隊の中で見たような気がする。
映画を駐屯地で上映するんです。
あれは、教育隊のときだったかなぁ。
どこの駐屯地でもやっていたわけではないような気がする。

戦争中の話なんです。
ドイツ軍の捕虜になっている連合軍の兵士が、
ドイツ軍とパリでサッカーの試合をするんです。
審判はナチスの息がかかってるわけで、
まともな試合ではないんですが、
まぁ、だんだんうまいこと、
いい試合になっていくんです。
この辺でやめておきましょうか。
単純な映画なんで、ネタバレは禁物かと。