悪魔的作戦参謀辻政信

「稀代の風雲児の罪と罰」という副題がついてます。
まぁ、越権行為は陸軍の専門特許ですから、
いや、それにしても、この人はひどかったみたいです
ただ、ボクの印象では黒島亀人なんかに比べたなら
アイディアいうか着眼というか、いいものを持ってたと思いますね。

第25軍がコタバル上陸を言い出しますが、
これ、この辻政信が提案したんです。
身の危険を冒して偵察にも出ています。
ただ、山下奉文さんはこう書き残しています。
「この男、やはり我欲強く、小才に長じ、いわゆるコスキ男にして、
国家の大を為すに足らざる小人なり。使用上の注意すべき男なり」
なんだか、ピッタンコって感じ。

悪魔的作戦参謀辻政信

生出寿 〈光人社NF文庫〉

  目次
第一部
 奇襲電撃作戦
 機略縦横
 最前線の一匹狼
 英軍最後の部隊
 真の勝利
 悪魔の仕業
第二部
 東條と辻と
 功名に走る男
 奇怪なる事実
 杜撰なる敵情判断
 賭け勝負の思想
 責任転嫁
第三部
 東奔西走
 参謀本部への栄転
 近衛首相爆殺計画
 滅亡への道
 惨憺たる結末
 参謀の資質
 全滅の責任
 時代の寵児
  文庫版のあとがき

陸軍の参謀といえど、参謀には指揮権はありません。
ただし、ややこしいのは、派遣参謀。
派遣されてきた参謀は、その前線の上部組織から来ますから、
だからといって指揮権があるわけではないんですが、
辻はやったんです。
ノモンハンで作戦主任の服部卓四郎の下、いろいろやらかしました。
その辻が、山下奉文さんの第25軍の作戦主任参謀となります。
参謀本部作戦課長であった服部が、
課の戦力班長であった辻を推薦しました。
山下さんのような戦略家で勇猛な指揮官に、
辻をくっつけたら鬼に金棒だろう。と、
一部長も次長も参謀総長の杉山元までが適切と判断し、
陸相の東條さんが賛成して実現したものです。
朝枝繁春さんは、ノモンハンのときの
辻の立場で、辻の下につきます。

辻が第25軍にやってきたのは山下さんよりも前です。
司令官は飯田祥二朗中将。
小澤治三郎さんと仲のいい陸軍将官です。
人柄の優しい人で、参謀たちがダラけてました。
その様子を見て辻が意見具申するんですね。
ダラけ具合がどんなものかといいますと、
「日本の将校さんたちは、女郎屋へ通うのに、
 堂々と軍の車に乗り、入り口に番兵を張り番に立たせている。
 フランスの将校も女郎屋へ行かないこともないが、
 平服で、人目を忍んでいく。これでは日本は負けるにちがいない」
ハノイの現地人のメイドの言葉です。
「ぜひとも司令部の軍紀を粛清すべきである」
こういうこと言う人です。
満州でもやってます。
今村均さんが関東軍参謀副長をしていたころ
今村さんに直談判しています。
「公費での飲食は禁止すべき」
上の人間は、こう言ってもらうとやり易いですよね。
そんなわけで、敵もつくるんですが、
急速に上司に近づきます。

しかし山下さんなんかには、すぐにバレちゃう。

後ろにいるときだけ威勢のいいヤツっていますけど、
辻は、それとは違います。
やるときはやります。

たとえばコタバル上陸。
このアイディアを実現させるために
辻は自ら偵察に出かけています。
開戦前の神無月です。
「明日、南部タイと北部マレーを飛んでみたいが、やれるか」
「はい、飛びます。参謀殿がいかれるなら、わたくしが操縦します」
「そりゃあ、ありがたい。じゃあ、日の丸を塗りつぶしておいてくれ」
「わかりました」
無断で他国の上空を飛ぶわけですから、
発見されれば戦闘機がやってきます。
戦闘機に追われれば、まず生きて帰れない。
二つ返事のこの偵察将校も立派ですが、
辻は弾雨を恐れる参謀ではありませんでした。

シンガポールが落ちると、辻は参謀本部に復帰し、
待望の作戦課作戦班長に就任します。
そして班長補佐の瀬島龍三を随えマニラに飛びます。

辻は勝手に捕虜を殺せって軍命令を出します。
141連隊の今井武夫連隊長や、
第10独立守備隊の神保信彦高級副官などは、
本間雅晴軍司令官がこんな命令を出すわけがない。と、
確認につとめ、
142連隊の藤田相吉連隊副官は
「わたくしを軍法会議にかけてください」と、
ガンとして拒絶しています。

辻は、どこに行ってもこういう勝手な命令を出すんです。

辻政信、のちには国会議員になっています。
讃えられるべき功績もあったのでしょうが、
こういう品位のない人間を、重い仕事に就かせてはいけませんね。

悪魔的作戦参謀辻政信