深謀の名将島村速雄

日本海海戦のビッグネームといえば
東郷平八郎さんと秋山真之さんでしょう。
しかし、見逃してはならないキーマンがいます。
日本海海戦時の参謀長は加藤友三郎さんでしたが、
もともとは同期の島村速雄さんでした。

東郷さんが山本権兵衛さんから連合艦隊司令長官の要請を受けたとき、このように念を押されました。
「万事中央の指図どおりに動いてもらわねば困る。この点はどうか」
「それでよろしい。ただ、参謀だけは自分に選ばせてもらいたい。それから開戦までは中央の指示に従うが、戦場においては、大方針は別として、その他のかけひき一切は任せてもらいたい」

東郷さんが指名した参謀は二人です。
一人は秋山真之作戦参謀。これは誰もが認めるところです。
もう一人が有馬良橘先任参謀。
まったく名前の挙がっていなかった人選で、権兵衛さんは驚きます。
「あんな忠実な男はいない」
東郷さんの戦場指揮官としての実践的見識に、権兵衛さんは舌を巻いたそうです。
島村さんの名前が出てきませんが、これはあまりにも当然であったためです。

深謀の名将島村速雄

生出寿 〈光人社〉

第一章  「智信仁勇厳」の将
第二章  少年午吉
第三章  一番星のような海軍戦術家
第四章  日清戦争の連合艦隊作戦参謀
第五章  世界が感嘆した武士道
第六章  晩婚の果報亭主
第七章  三名将の組み合わせ
第八章  日露戦争の連合艦隊参謀長
第九章  旅順郊外の難戦
第十章  下瀬火薬実用化に挺身
第十一章 峻厳なる反省
第十二章 大局のための転任
第十三章 ロシア艦隊捕捉の新兵器
第十四章 大勝へ人知れず貢献
第十五章 海軍一の国際通
第十六章 第一次世界大戦の軍令部長
第十七章 車の両輪の島村と加藤
  あとがき
  参考引用文献

東郷さんは、明治33年にも常備艦隊司令長官(戦時は連合艦隊司令長官)をやっておりまして、
島村さんは2ヵ月遅れで大佐の参謀長として、
秋山さんは5ヵ月遅れくらいで大尉の参謀として、共に援けています。
ただし、島村さんはすぐに教育本部にとられてしまい、
秋山さんとはひと月と少ししか重なっていません。
が、このとき島村さんは参謀としての心得を秋山さんに説いています。

この時すでに秋山さんは誰もが認める戦術家で、
島村さんも東郷さんも秋山さんの頭脳には感嘆しておりました。
ただ、ちょっと、秋山さんには問題がありました。
常識の糸が所々で切れているような、野生児みたいなところがあったのです。
短期間にそれを見抜いた島村さんは、こんなふうに諭したのです。
「参謀の不注意のために、司令部と旗艦職員との間に面白くないことが起こることがある。それは参謀が長官の意を受けてすることでも、ややもすると参謀の考えで艦長、副長などの行為に干渉するように見られるからだ。だから、信号の揚げ降ろしでも、前に命ぜられていても、長官が艦橋におられたら、いちいち長官の指図を伺ってやらないといけない。参謀長以下のすることは、長官の命令を伝えるものだから、自分勝手にやっていると見られないように慎まねばならないのだ。まして自分の考えだけで、前艦橋において艦長や副長のやることが、長官の意図に副わないと判断して、勝手にこれに干渉するようなことはいけない」
もし、この機会がなかったのなら、秋山さんの軍人の道のりは違ったものになっていたかもしれません。

山本五十六さんの先任参謀であった黒島は、
この秋山さんの奇行スタイルのみをまねて
仙人参謀なんて言われてバカにされてました。
宇垣さんは決断力実行力など、ある意味立派なところがありましたが、
深謀さにおいて、残念ながら、まったく足元にも及ばない感じですね。

深謀の名将島村速雄

最後の海軍大将井上成美

井上さんは、大将になることを
文書にして拒みました。
「大将進級に就き意見」
「当分海軍大将に進級中止の件追加」
「当分大将進級を不可とする理由」などです。

昭和20年になってから、米内さんが内示をしたんですね。
で、その場で辞退したんだけど口頭ではなぁ。と、
文書にしたわけです。
それでも米内さんは井上さんを大将にします。
「陛下が裁可されたから」と、
井上さんとしても、これは拒絶できません。

そんな分けで、大将になるのは五月まで延期されました。
井上さんと同時に一期先輩の塚原二四三さんも大将候補にあげられていました。
井上さんが固辞し、しかも、次官として、この時期に大将をつくることそのものに否定的な文書を出しておりますので、「井上のセイで・・」と、塚原さんは嘆いていたようです。
大佐の時から塚原さんと井上さんは同時に上がっていますから、
中佐に先になっている一期先輩の塚原さんの方が先任者。
そんなわけで、大将の名簿を書いた場合、井上さんが一番最後にきます。

最後の海軍大将井上成美

宮野澄 〈文藝春秋〉

序 章 雨脚のはげしい日に
第一章 人ノ美ヲ成ス人生を
第二章 かわい気のない男
第三章 昭和の動乱の中を
第四章 敗戦の歴史とともに
第五章 教育者としての道を
第六章 名コンビも崩れて
終 章 逼塞生活に徹して
 あとがき
 参考文献
 青年士官教育資料 井上成美

井上さんは13人兄弟の下から二番目で、
「井上家は秀才ぞろい」と評判が立つほどであったそうで、
長兄の秀二などは、中学の時、あまりに頭が良すぎて教師たちの反感を買い、将来慢心のあまり社会を甘く見てはいけないなどと理由をつけられて、一年落第させられています。そして、落第させられても卒業を待たずに高等学校へ入学し、京都帝国大学へ進んでいます。

井上さんは教育者で、軍人には向かなかったといわれます。
四艦隊長官として指揮した珊瑚海海戦での評判がよろしくないわけですが、
珊瑚海海戦に関しては、かなり井上さんにとって不利な状況が重なっています。
その点に関してはこちらを参照。
      ↓↓↓↓

井上成美の遺言(海軍兵学校第37期編〈中〉

まぁ、不利な状況の中であっても、
たとえば小澤さんや草鹿さんであったらどうだったか、
こういう見方をしたときに、戦況が変わったようにも思います。

井上さんは、実際に決断力・実行力もありますから、
「腰抜け」という部類ではないんです。
ただ、実戦を指揮するには人が優しすぎたような気がします。

開戦には全力で反対し、終戦工作をした人ですし、リベラリストです。
では、九条信者のような人だったんでしょうか。
まったく違います。
「国が独立を脅かされたときは、とにかく立つ。そのためには軍備というものが必要だ。国の生存を脅かされ、独立を脅かされた場合には立つ。そのかわりに、味方をつくっておかなけりゃいけない。自分じゃ勝てない。正々堂々の主張をするならば味方ができる、とわたしは考えています。弱い国を侵略してそれを征服して自分のものにしようということをする者は、必ずほかの国の批判にあって、みそかの晩の金勘定の清算をさせられる時が来る、と思う。軍備というものはいらないじゃないか、戦争しないのなら。そういう意味じゃないですね」
これは、加藤友三郎大将がワシントン軍縮会議で
10対6の割合をのんだときの、
「あれでよかった」よかったんだけど、軍人としては悔しかったんですよ。
でも、国力が小さいってことはそういうものでね。
というお話の中での国防、軍備に対する井上さんの考えです。

このころ、山本五十六さんや古賀峯一さんなどの割合に対する考えは、こんな感じ。
「日本が米英の10分の6に抑えられたと考えるべきではない。国力からいっても、国土の広さからいっても、アメリカとイギリスが日本に対して6分の10で我慢していると見るべきだ」

もうひとつ、井上さんが皇族、伏見宮様をどう見ていたか。
「宮様はね、一番先に話をもっていって、これはこうしたほうがいいと思いますというと、すぐその気になってしまう。一番先に乗り込んだものが宮様に取り入って、結論を出してしまう。宮様の扱いはよほど気をつけないといけない、自分の正しいと思うところにもっていこうと思ったってできないよ。宮様というのは、そういうふうに育っているのだから仕方がない。下の者が持ってくる問題をよきに計らえということになる。それに対して、ハテナという疑いを持とうともしなければ考えてみようともしないんだからね。だから、自分で考えろと要求する方が無理で、むしろお気の毒ですよ」

最後の海軍大将井上成美