今村均大将回想録

これは四巻あるんですが、まとめて紹介します。

第一巻、檻の中の獏
第二巻、皇族と下士官
第三巻、大激戦
第四巻、戦い終る

昭和35年の後半に続けざまに出ています。
要するに、そのために書き上げたものではなく、
今村さんが書き溜めていたものを出版したというものです。
一番困ったのは、ボクは付箋を付けながら読んでいくのですが、
その付箋をはがすと、本もはがれちゃうんです。
本の古さと、紙質の問題でしょうね。

この内容は、今村さんが監獄の中で時間を持て余し、
許可を得て書きつづったものです。

檻の中の獏

序文
門違い・三宅島・謡曲・女の子の怪我・人違い・長靴・陸軍大学教育
陸大卒業・佐々木一等兵の銃剣術・其の後の佐々木一等兵・軍隊内務令・増援要求
廂を貸して主屋を取らる・妻を娶りし・千田登文翁
潜艦襲来・語学、裸体像・優れた先輩・珍田大使夫妻・ノックス事件・専門外のこと・給仕・修身
亡命の人びと・恋の葬らい・内憂外患
国歌・小学生、大学生・クオヴァデス寺・スエズ運河・花枝に序有り・凡、非凡・凡佛一如

皇族と下士官

上原勇作元帥・元帥副官・時代錯誤・大震災・遷都論・日本人・御乗馬・金指輪・馬車馬・揮毫・派閥・はけまし・栴檀・上原夫人・陰徳
臨検・鳩と鳶・母・演習審判
官物遺棄罪・印度駐在の頃・悪性熱帯マラリヤ・妻の死・手術、医術と宗教
育ての母・迷い児・特命検閲使属員・皇族と下士官
軍人の鉄道乗車券・満州事変の勃発と独断越境・十月事件・流言蜚言・他力本願・誠意ある宮仕えの人・錦州攻撃と上海事変
露営の悪夢・七了口・事変の反省・練武・大過失

大激戦

竜山赴任・煙草・子供同士・大阪金太郎先生・夜間警戒演習・二、二六事件
威重・松岡洋右氏・内蒙工作・機密費・恋の盲目・温泉療養所・「なんはべり」・鑑定・陸軍省・愛馬の歌
仏山・青島・蓄音器・錯覚・川柳・鼾声・会議・山栗・小鴉・蝗害、大黄河・ノモンハン事件・林檎、防諜
故郷、激浪・道なき路。南寧攻略・大行李。従兵・諜報・師団長戦死・増援・石での応戦・第一線連隊長の決死・対伏兵戦・軍命令・祈り。つくろい・新年の辞。火砲遺棄・新配備。野戦病院・従兵の夢

戦い終わる

敵の宣伝放送・没法子(メイファーズ)・日の丸・軍馬と兵・大攻勢・ねぎらい。戦場の勇者・慰安所・転職
魔法瓶・不可思議、三流居士・汪精衛氏
乗機故障・置き碁と独断の協力・ジャワ上陸・攻撃、敵軍降伏・善意の誤解・先輩の達観・軍政批判・インドネシアの子供・民族の矜持・面会・スカルノ氏・八重汐
ラバウル方面出動と飛行機事故・山本五十六元帥の戦死・糧なき作戦・戦場に於ける進級・現地自活・錦蛇・爆撃・築城、戦斗訓練・養鶏、蟻の巣・逃亡兵
詔書奉読・不幸な少年・戦い終りて

今村さんが亡くなられてすぐ、この四冊が
『私記・一軍人六十年の哀歓』という本にまとめられました。
新しく発見された遺稿などが入ったりもしましたが、
割愛された部分も多く改めて
『続・一軍人60年の哀歓』という本が出ていますが、
この二つに漏れたものもあります。
おおむね個人的な小事をつづったものと言っていいでしょう。

『井上成美の遺言』の予告編を書き終えてしばらくしてから、
小沢治三郎さんと草鹿任一さんのことを書こう!と、
「海軍兵学校第37期編」というものを書くことにしました。
そのとき、草鹿さんがラバウルで一緒だった今村均大将は、
小澤さんとも浅からぬ縁があることを知り、
まず今村均さんの本から読みはじめたのです。
それがこの四冊。〈自由アジア社〉

今村さんというのは、非常に立派な方で、
ちょっと、当時の軍人さんにしては
バランス感覚が取れすぎてたような感じがして、
ある意味井上成美さんに通じるところもあるのですが、
今村さんは戦にもめっぽう強いです。

では、相当人気のある将軍であったかというと、
陸軍軍人では、阿南さんの方が人気があったみたいで、
尊敬はされていましたが、聖将と言った印象で、
ちっょと、別世界の人みたいに見られていたのかもしれません。

井上成美さんの兵学校教育に相当するのが、
今村さんのジャワ統治、今村軍政でしょう。
中央からさんざん非難されながらも、
これを押し通したことは、
今インドネシアが親日国になていることの
根っこになっていると言っていいと思います。

檻の中の獏檻

皇族と下士官

大激戦

戦い終る

井上成美の遺言(海軍兵学校第37期編〈中〉)

  目次
イントロダクション
海軍兵学校第三十七期編〈中〉
 バタビヤ上陸
 ジャワ攻略
 今村軍政(前)
 サンゴ海海戦
 今村軍政(後)
 ガダルカナル撤退
 命令一下、出で発つは
 消耗戦から籠城戦へ
 海軍乙事件
 マリアナ海戦
あとがき
 状況判断
 統帥乱れて
参考文献


・・・山下将軍(陸一八期)は猛将などと言われます。二二六事件を起こした青年将校に対して同情的な態度をとったため、中途半端に干された形になっていましたが、いざ開戦となり最重要地区と判断されたマレー作戦の司令官におされたほどの人です。マレーの進撃、シンガポールの早期降伏は山下将軍の力量に大きくうながされたものと思います。・・・山下将軍といえば「イエスかノーか!」ですね。

日本側は全軍の即時武装解除を要求していた。パーシバルは内容を一読し、しばらくしてこう言う。
「シンガポール市中は混乱している。非戦闘員もいるので一〇〇〇名の武装兵を残置することにしてもらいたい」
「日本軍が進駐して治安を維持するから心配はいらない」
「英軍はシンガポールの事情をよく知っているので一〇〇〇名の武装兵を保持したい」
「日本軍がやるので安心されるがよい」
「市内では略奪が起こる。非戦闘員もいることだから・・・」
いつまでもウダウダと続けるパーシバルですが、山下からしたら話がつかなければ攻撃は続行せざるを得ず、さらなる犠牲者を出したくないのだ。山下は作戦課長の池谷に確認する。
「夜襲する時刻は?」
「二〇時の予定です」
パーシバル「夜襲は困る」
山下「いったい英軍は降伏するつもりかどうか?」
 間をおいてパーシバル。
「停戦することにしたい」
ここで山下が杉田に向かって放った言葉がこれである。
「夜襲の時刻が迫っているから、英軍に降伏するのかどうか『イエス』か『ノー』かで返事してもらえ」
パーシバル「イエス。一〇〇〇名の武装を認めてもらいたい」
「それはよろしい」
 山下はあっさり答えたという。
 西洋人であるパーシバルは、自分の意見を述べ、細部まで相互に諒解したうえで降伏文書にサインしたい。日本人である山下は、まず降伏の諾否を決定し、細部の事務手続きなどは後回しでいい。死力を尽くして戦った相手が白旗をあげたのだ、わるいようには決してしない。このような感性は西洋人には通用しないのであろうが、とにかく、杉田の言うように、「現地の報道陣が大げさに山下の威容を報道し、戦勝に酔った点があった」のであろう。

Amazon Kindle 井上成美の遺言(海軍兵学校第37期編・中)