海軍参謀

Pocket

「艦隊令」にはこのように書いてあるそうです。
「司令長官の幕僚たる参謀長は、司令長官を佐け
 隊務を整理し、幕僚その他隊務に参与する職員の職務を監督す」
「司令長官の幕僚たる参謀は参謀長の命を承け
 艦隊の軍紀、風紀、教育、訓練、作戦等に関することを掌る
 機関科将校たる参謀は前項の規定によるの外機関長の命を承け服務す」

山本五十六さんの連合艦隊でいいますと、
宇垣纒参謀長が黒島亀人先任参謀以下に命じて
各専門分野を研究させたり処理させるべきなのです。
ところが、山本さんは黒島仙人に作戦を任せちゃう。
将棋相手の渡辺安次戦務参謀が、長官の意思を忖度して周りに伝える。
こんな流れで宇垣さんは蚊帳の外でした。
黒島なんて人は、仙人参謀とか変人参謀とか呼ばれてた
ただの変わり者です。
どう贔屓目に見ても、百人でかかっても秋山さんには及ばない。
そして、最大の問題は参謀長がラインから外れちゃってることです。
本来なら宇垣さんが黒島以下の手綱を握ってなきゃいけないのに、
その手綱を、山本さんが取り上げちゃって、
さらに、山本さん自身がその手綱を離しちゃってる状態。

参謀長の仕事は、各参謀の手綱を握るってことと、
もう一つ大事な仕事があります。
長官に誤りがあればそれを正す。これが佐けるです。
ところが宇垣さんは遠ざけられてます。
悪いことに、宇垣さんが参謀長として着任する前に
作戦は出来上がってたんですね。

海軍反省会でも、かなりこの人事に関しては
問題になっておりまして、
山本という人、黒島という人、その個人の適性の問題もあるが、
司令官と参謀長というコンビネーション、これは非常に大切だ。
人事局は何考えてたんだ、みたいな。

海軍参謀

吉田俊雄 〈文春文庫〉

  目次
第一章 海軍参謀とは
 一 戦いは人なり
 二 海軍参謀はカゲの人
 三 参謀はどう作られたか
  (一) 教育
  (二) 兵術思想
  (三) 「海戦要務令」
  (四) 人事
 四 参謀の職務と実務
第二章 海軍参謀像
 一 黒島亀人
 二 宇垣纒
 三 福留繁
 四 定岡定俊
 五 神重徳
 六 草鹿龍之介
 七 源田実
 八 沢本頼雄と井上成美
終章 失敗の教訓
 一 失敗の教訓
  (一) やはり現実的なポリシーが必要だった
  (二) やはりマニュアルが必要だった
  (三) 歴史の読み方がたりなかった
  (四) 人事と教育を二重構造にした
 二 陸軍参謀と海軍参謀
  (一) 体質の違い
  (二) 参謀の性格の違い
 あとがき

源田実は、同期の淵田美津雄にこうもらしています。
「いつでも自分の起案した命令案が、スラスラと通ってしまう。
抵抗がなくていいようなもんだが、実は違う。
自分だけの考えで起案したものが、

いつも上の方で、何のチェックも受けずに、
命令となって出ていくと思うと、そら恐ろしい。
おれ自身は、いくら自惚れても、もとより全知全能ではない。
重大事項では、いろいろと判断に迷う。
ところで自分の判断ひとつで、
直に国運が左右されるかもしれない影響を及ぼすと考えると、
重大な責任感に圧迫されて、自然と委縮してくる。
これが大西瀧治郎少将や、山口多門少将あたりが上にいてくれると、
必ず案をチェックして、あらゆる角度から叩き直して突っ返してくる。
そうなるとこちらも安心して、
思い切り自由奔放な作戦構想も練られるというもんだが」

これは南雲忠一さんの艦隊の話です。南雲さんは水雷の人。
チェックすべき参謀長は草鹿龍之介。
草鹿は飛行機乗りではないんですが、
一応航空に明るいということで選ばれたのだと思います。
先任参謀は大石保、この人は航海です。
源田実は航空参謀。このとき中佐の二年目。
こんなのに艦隊を任せちゃいけません。

こう考えたとき、指揮官もさることながら、
参謀長の人選は重要ですね。

そして、山本五十六さんの経歴を見ると、軍政一筋で
先任参謀、参謀長の経験がありません。
艦隊司令長官も、連合艦隊が初めてでした。
戦争が始まる前に陸にあげるべき人でしたでしょうね。

海軍参謀



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *