井上成美

Pocket

阿川弘之著 新潮社
この本、目次がないんです。

表紙などにフリガナはないんですが、
これなんていうんだろう、最後のところ
著者や発行者、発行所とかが書いてあるところ
ここの題名には「いのうえせいび」ってふりがながあります。
変わった人ね、阿川さん。

本文には、第何章って記述はあります。
ありますが、題名はないです。
そんなわけで、差し出がましいのは重々承知の上で、
各章の紹介もかねて、
ボクが題名なような紹介文を書くことにします。

序章 (8項)
主に海兵37期の同期生を通した井上成美の評判です。

第一章 (10項)
軍事参議官時の副官金谷善文大尉の紹介から、井上英語塾開校まで。

第二章 (10項)
米国戦略爆撃調査団から、杉田主馬の紹介、
海大教官、軍務局第一課長。

第三章 (9項)
ミスター井上の英語塾、山崎晃の紹介から、
米内光政の死、娘靜子の死、そして孫。

第四章 (12項)
「比叡」艦長時代、今川福男大尉と花岡雄二大尉、
そして、大井篤と海大34期の海兵51期組。
横須賀鎮守府参謀長、二・二六事件。

第五章 (9項)
一系問題、そして、米内光政海軍大臣、
山本五十六海軍次官、井上成美軍務局長で三国同盟に反対。

第六章 (9項)
「欧州の天地は複雑怪奇なる新情勢を生じ」
平沼内閣の総辞職から、支那方面艦隊参謀長。
須賀彦次郎少将のこと。

第七章 (9項)
海軍三国同盟承認、航空本部長へ。
中山定義少佐と扇一登中佐。
『新軍備計画論』一系問題に取り組む高田利種。
臨時局部長会報と司令長官への説明会。

第八章 (12項)
第四艦隊司令長官、近衛内閣総辞職。
土肥一夫少佐の焦燥。作戦打ち合わせ会議。
開戦。ポートモレスビー攻略計画、珊瑚海海戦。
松田夫婦、新宮一司の話。「小松」トラック支店。
ガダルカナルの攻防。海軍兵学校校長へ。

第九章 (10項)
山上実機関参謀、「東京タイムズ」記事を見るから、
井上塾生たちの話。今川福雄との貧窮問答から、吐血。そして再婚。

第十章 (9項)
飯田秀雄参謀を随え、海軍兵学校へ。各改革。
企画課長小田切政徳。
予備学生教官。賀陽宮治憲王への訓示。

第十一章 (8項)
教育者井上。森浩主計中尉から帯刀与志夫主計中尉へ。
嶋田海軍大臣兼軍令部総長。

第十二章 (8項)
東條内閣総辞職。米内大臣、井上次官。
軍令部出仕兼海軍大学校研究部員次官承認服務、高木惣吉。
兵備局二課長浜田祐生。倉橋友二郎少佐。調査課中山定義中佐。

第十三章 (10項)
陸海軍統合案。鈴木貫太郎内閣。米内海軍大臣続投。
ドイツ降伏。大将昇進、軍事参議官へ。
水交社、井上・高木・中山。ポツダム対日宣言。
原子爆弾。情報参謀中島親孝の発言。終戦。

終章 (10項)
喜寿の祝い。幹部学校長中山海将補、高木惣吉連続講義。
富士子夫人。孫、丸田研一の訪問。古鷹ビル、深田秀明・岩田友男。
海上自衛隊幹部学校長石塚栄。防衛大学校長猪木正道。豊田譲。

井上成美

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *