侍従長の回想

Pocket

井上さんが伏見宮を敵に回して闘った時のことですが、
直接闘うわけじゃないんです。
井上さんの相手は南雲さんでした。南雲さんの方が一期先輩。
コイツには理を示しても無理だ。と思った井上さんは、
覚悟を示すために遺書を書いておき、暴言を吐く南雲さんに見せます。
南雲さんは悪い人じゃないんで、悔しいけど引き下がります。
すると、その上司である嶋田繁太郎が、
井上さんの上司である寺島さんに持ち掛けてきます。
この軍務局長の寺島健さんは、
これがために嫌がる井上さんを課長に引っ張った人ですから、NOです。
次は、主犯である軍令部次長の高橋三吉が、
海軍次官の藤田さんと対峙するわけですが、
この二人は同期で、出世の遅れていた米内さん(同期)を
大将に押し上げるために、二人で申し合わせて引退したほどですから、
話せばわかり合える間柄です。
ただ、今回は理論的には軍令部の方が分が悪いですから、
高橋は禁じ手を使います。
軍令部長に就任していた伏見宮の威光をかさに
軍令部長の代理として大臣に直接ねじ込んだんです。
このときの大臣は大角岑生といい、しょうもない奴です。
どのくらいしょうもないかというと、
2・26の時もみっともない判断をしましたが、
「大角人事」なんて検索してみてください。
今回は、くだらない男の話ではなく、
米内さんの同期、元海軍次官の藤田尚徳さんの書かれた本の紹介です。
米内さんのために現役を退いて明治神宮の宮司を経て侍従長になりました。

侍従長の回想

藤田尚徳 〈中公文庫〉

  目次
空襲下の四方拝
酒と侍従
天皇、軍を叱る
和平に動く吉田茂氏
天皇の終戦秘密工作
日の目を見た近衛上奏文
御意思に遠い重臣の奏上
皇居炎上す
意中の人、鈴木首班
挫折した近衛特使
聖断下る
再び聖断仰ぐ
録音盤争奪事件
慟哭、二重橋前
天皇・マ元帥会談への苦慮
近衛公自殺への私見
異例、天皇の心境吐露
人間宣言と退位をめぐって
あとがき
 解説  高橋紘

侍従長は、鈴木貫太郎さん以来海軍の人が務めるようになりました。
侍従武官長の方は陸軍です。武官ですから、こちらは当然現役です。

昭和20年になってから昭和天皇は
軍部にも内閣にも隠密のうちに工作を始められました。
重臣(首相経験者など)を個別にお呼びになって、
戦局の見通しとその対策を一人一人に質されたのです。
戦局の報告は潤色され、国民生活の実態も正確に把握し難く、
はたして政治家たちは和平について
どれほど真剣な熱意を持っているか、はなはだ疑問であったわけです。

この工作に侍立したのは侍従長の藤田さんだけでした。
近衛の時だけ木戸が立ちました。
藤田さんに「外してほしい」と言ったのです。
藤田さんは、陛下、近衛、木戸のかかわり方の深さを考え快諾しました。
そして、藤田さんはのちに木戸から詳細なメモを渡されています。

侍従長の回想




Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *