勅語拝受

Pocket

教育に関する勅語御下賜

明治の始、開国進取の方針となってから、日本は一足飛びに世界の文明国の仲間に加わりました。けれども西洋の文物は善いも悪いも一時に我が国に流れ込んだものですから、昔からのありきたりは善いも悪いも一様に旧弊といって軽蔑する新しがり屋がふえました。
これに対して古風な人はまたむやみに古いことを言って非難しました。
そういうわけで明治20年前後は我が国の思想界が大変混乱した時代でありまして、一般の人々はどちらについて行けばよいのかさっぱりわからなくなりました。
明治天皇はかねがね教育のことをお案じなされていましたが、此の有様を御心配になって、教育に関する勅語を賜ったのであります。
(以下絵の説明)
図は先に立つのが時の内閣総理大臣山縣有朋、後ろに勅語を捧げるのが文部大臣芳川顕正であります。
明治23年10月30日、この日折悪しく天皇は御病気であらせられましたので、高等師範学校に行幸の上お下しになるはずのところをお取止めになって、特に此の二人を宮中奥御殿にお召しになりました。二人は恭しく勅語を拝受して御前を退き、今御学問所の前をさがって来るところであります。
(以上)
一たび勅語が下りますと、さしもの議論は一時に鳴を鎮め、国民は昔ながらの、しかもいつまでも動かない我が国徳教の大本に立帰るべきことを知りました。


戦後の日本

GHQの占領政策の方針は、

日本文化の破壊でした。


はるかに高度な民主主義を持っていた日本に対し、

真っ赤な民主主義を押し付けると同時に、

日本独自の文化を

すべて否定するような政策をとったのです。

W.G.I.P.とプレスコード

平成を生きる日本人は、

明治20年前後の日本以上に

どちらに向かって行けばよいのか、

さっぱり分からなくなってはいないでしょうか。

自信を失ってはいないでしょうか。


東日本大震災で世界を驚かせた、

相手を思いやり、譲り合う被災者の姿。

昔ながらの、しかもいつまでも動かない

我が国徳教の大本に

今こそ立ち帰るべき時ではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *