井上成美の遺言(海軍兵学校第37期編〈下〉)

Pocket

  目次
イントロダクション
第三十七期編〈下〉
 レイテに死せず
 カバルアン丘
 ラバウル精神
 ズンゲン守備隊
 ラバウル海軍航空隊
 六然の人・小澤治三郎
 スイス和平工作
 終戦
 自殺未遂
 口頭での戦闘
 小澤と草鹿
 草莽の臣・草鹿任一
あとがき
参考文献
著者プロフィール

 日本ではレイテ沖海戦は話題になります。しかし、その後に行われたレイテ島での戦いは、なぜ話題にならないのでしょうか。
 海軍のフェイク戦果に乗せられた南方総軍は、マニラ決戦を主張する山下さんにレイテ決戦を強要します。
 この戦闘に駆り出された第一師団、作倉歩兵第五七連隊の八尋中隊(第三大隊第一〇中隊)第一小隊第三分隊長として参戦した神子清氏の著『われレイテに死せず』の裏表紙にはこうあります。「投入兵力八万五千名戦死者数八万一千名」
 ガダルカナルでの投入兵力は三万一千名。撤退できたのは約一万名、戦死者が二万強、うち餓死・病死が一万五千名といわれています。戦死者数も戦死者率もはるかにレイテの方がひどい数字を残しているのです。

海軍兵学校第37期編〈下〉

 大本営発表による台湾沖航空戦での戦果は、轟撃沈 航空母艦一〇隻、戦艦二隻、巡洋艦三隻、駆逐艦一隻であった。
 陸軍は、ルソン島での決戦方針であったが、軍令部の敵情判断を信じた参謀本部は情勢有利とみて、昭和十九年十月十八日、にわかに決戦地を変更し、山下兵団から中核兵力を引き抜いてレイテ島に増派させることを決定した。
 山下(奉文、陸十八期)は、台湾航空戦の実情を鹿児島県鹿屋の海軍航空基地に派遣、調査させた情報参謀堀栄三(陸四六期、海兵六一期に相当)の「海軍戦果は信用できない。いかに多く考えても撃沈した米艦艇は二、三隻を出ません。それも空母かどうか不明です」という報告を真実と判断して、作戦方針変更に反対したが、上部の南方総軍司令部は聞き入れなかった。
 なぜ聞き入れなかったのであろうか。
 堀が山下の第一四方面軍司令部に報告に現れたとき、方面軍では祝賀の準備をしていた。そこへ「大戦果なんて大間違いだ」という者が現れたのだから、結婚式が葬式になったようなものである。
 このとき方面軍には作戦準備を指導するため、大本営から朝枝繁晴(陸四五期、マレー作戦時に山下二五軍の参謀)が出張してきていた。この役は、ジツは一期上の瀬島龍三(陸四四期)のはずであった。瀬島が体調不良のため、対ソ作戦計画を練るべき立場であった朝枝に回ってきたのだ。
 堀は、山下への報告と同じものを大本営に打電している。その電報を握りつぶしたのが、大本営に残った瀬島であった。

井上成美の遺言(海軍兵学校第37期編〈下〉)


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *