ようこそ、大和魂へ

Pocket

大和魂と聞くと、なんだか猛々しいイメージを抱く方もいらっしゃるかと思いますが、大和魂は「大きな和の心」です。公に殉ずる心といってもいいかもしれない。
3.11、平成23年弥生の11日、東日本大震災が起きました。

このとき、目の前まで津波が迫ってきているのに、上司や先輩から上にあがれ!と言われながらも、防災無線の前で「高台に非難してください」と叫び続けて、津波に呑みこまれた方がいましたね。遠藤未希さん。これが大和魂です。

特攻隊員もそうです。
日の丸のハチマキって、今でもありますね。必勝とか書いてあったりする。神風って書かれたものもあります。この神風ハチマキだけは、その由来を知ったうえでつけてほしいと思います。

「どうせ死ぬのだから、もう金は要らない。みんな出そう」
特攻隊員が言い出し、その集めたお金を司令に渡しました。司令は、此のいきさつを書いて軍需省の遠藤三郎さんに送ります。遠藤さんは、これを何とか形に残したいと思い、神風手ぬぐいを作ることにし、生産工場で働く人たちに配ったのです。これを工場の人たちが鉢巻きにしたのが始まりです。

私より公を優先する心。
猛々しいというよりは優しさですよね。これが大和魂。大きな和の心です。これは、神様の心です。
ここでいう神様は、日本の神話に出てくる神様で、ゴッドではありません。日本の神話に出てくる神様は人間と同じ欠けた存在で、ついつい私が出てしまうところを祓いのけ、公に生きようと努力しつづける存在です。
それを見習って生きよう。というのが日本の神道で、これは良心に従おう。という道徳ですね。

ここでいう神様の心が良心です。
良心の持つ方向性、これが生命の欲求ですが、厄介なことにこの世に生きているということは生物でして、個々人が生物の欲求を持っています。これが私の心ですね。
ですから、私の心がもたげてくるというのは仕方がないことで、もたげてきたこと自体を罪に思う必要はないのです。ただ、それを祓い公の心、生命の欲求の方に従うよう努力しつづける。このことが大切であり、また、これを随神(かむながら)の道というのです。

なぜ、今、随神か?

Pocket

財務省には
「我ら富士山他は並びの山」
などといった思い上がった考えがあるようです。
そして、己の天下り先確保のために手柄を競っているようです。

己は明らかに私です。
しかし、もし自身の出世は省みず、ただ省益のために身を粉にして働いたのなら公に殉じたことになるのでしょうか。

国家公務員は国のために働くものであり、省のために働くものではありません。省益のために働くのは小さな和の心ですね、セクショナリズム。これは祓わなければならない心です。

良心は誰もが持っています。
ただ、ちっょとその良心の発したシグナルを受信できなくなった人が多いようです。こびりついちゃって、祓っただけじゃ落ちないんですね。ゴシゴシこすってやる必要がある。
ゴシゴシこすって磨き上げるためには、道具が必要ですね。

いい道具があるんです。
『教育勅語』
これは、明治になって新しいものをたくさん取り入れたとき、昔がよかった。なんて言う人も出てきて、新旧どっちに従ったらいいんだろうって日本人が迷っていたときに、明治天皇が「新しいとか古いじゃなくて、変わらないものがあるだろ」といってお示しになった勅語です。

戦後の占領時に、GHQに刷り込まれた自虐史観によって自信を失った日本人には、もってこいの道具ではないかと思います。

ブログ

Pocket

勝利への脱出

Escape to VICTORY1981年、アメリカ 10年くらい前、いや、もっと前ですね。あっ、20年前になるかも。ほぼ毎週劇場で映画を見ていました。日本映画やハリウッド映画は見たいものがない時で、単館上映的なものですね。そういうマニアックなものを好んで見ていました。そのことを知っている若い子が、ボクのお勧めの映画は何か、と尋ねたんです。 「勝利への脱出」シルベスター・スタローンが出てたな。主役だったかどうか忘れたけど,,。サッカーの映画でね、ペレが出てるんだよ。あの頃(会話があった頃)はサッカー熱が始まったくらいで、たまたまその彼はサッカー好きだったんです。 全く知らないそうで、さっそくDVD借りて見たそうです。ずいぶん評判が悪かった。まぁ、ボクの日頃の会話や、映画への志向などからこう、なにか、深さというか、考えさせられるような映画を期待していたのかもしれません。それならそうと、言ってくれればいいのにね。ひき出しは持ってんだからさぁ。 まぁ、非常にベタな映画なんですよ。嫌いな人はいないと思うけど、求めないかもね。 見てみましたが、スタローンは主役ですね。1979年がロッキー2ですら、充分ビッグネームですね。ボクの好きな映画はハッピーエンドです。そして、そのエンディングの見せ方ですね。この「勝利への脱出」みたいなのが好きなんです。 勝利への脱出 はっきり覚えてないんですけどね。自衛隊の中で見たような気がする。映画を駐屯地で上映するんです。あれは、教育隊のときだったかなぁ。どこの駐屯地でもやっていたわけではないような気がする。 戦争中の話なんです。ドイツ軍の捕虜になっている連合軍の兵士が、ドイツ軍とパリでサッカーの試合をするんです。審判はナチスの息がかかってるわけで、まともな試合ではないんですが、まぁ、だんだんうまいこと、いい試合になっていくんです。この辺でやめておきましょうか。単純な映画なんで、ネタバレは禁物かと。

悪魔的作戦参謀辻政信

「稀代の風雲児の罪と罰」という副題がついてます。まぁ、越権行為は陸軍の専門特許ですから、いや、それにしても、この人はひどかったみたいです。ただ、ボクの印象では黒島亀人なんかに比べたならアイディアいうか着眼というか、いいものを持ってたと思いますね。 第25軍がコタバル上陸を言い出しますが、これ、この辻政信が提案したんです。身の危険を冒して偵察にも出ています。ただ、山下奉文さんはこう書き残しています。「この男、やはり我欲強く、小才に長じ、いわゆるコスキ男にして、国家の大を為すに足らざる小人なり。使用上の注意すべき男なり」なんだか、ピッタンコって感じ。 悪魔的作戦参謀辻政信 生出寿 〈光人社NF文庫〉   目次第一部 奇襲電撃作戦 機略縦横 最前線の一匹狼 英軍最後の部隊 真の勝利 悪魔の仕業第二部 東條と辻と 功名に走る男 奇怪なる事実 杜撰なる敵情判断 賭け勝負の思想 責任転嫁第三部 東奔西走 参謀本部への栄転 近衛首相爆殺計画 滅亡への道 惨憺たる結末 参謀の資質 全滅の責任 時代の寵児  文庫版のあとがき 陸軍の参謀といえど、参謀には指揮権はありません。ただし、ややこしいのは、派遣参謀。派遣されてきた参謀は、その前線の上部組織から来ますから、だからといって指揮権があるわけではないんですが、辻はやったんです。ノモンハンで作戦主任の服部卓四郎の下、いろいろやらかしました。その辻が、山下奉文さんの第25軍の作戦主任参謀となります。参謀本部作戦課長であった服部が、課の戦力班長であった辻を推薦しました。山下さんのような戦略家で勇猛な指揮官に、辻をくっつけたら鬼に金棒だろう。と、一部長も次長も参謀総長の杉山元までが適切と判断し、陸相の東條さんが賛成して実現したものです。朝枝繁春さんは、ノモンハンのときの辻の立場で、辻の下につきます。 辻が第25軍にやってきたのは山下さんよりも前です。司令官は飯田祥二朗中将。小澤治三郎さんと仲のいい陸軍将官です。人柄の優しい人で、参謀たちがダラけてました。その様子を見て辻が意見具申するんですね。ダラけ具合がどんなものかといいますと、「日本の将校さんたちは、女郎屋へ通うのに、 堂々と軍の車に乗り、入り口に番兵を張り番に立たせている。 フランスの将校も女郎屋へ行かないこともないが、 平服で、人目を忍んでいく。これでは日本は負けるにちがいない」ハノイの現地人のメイドの言葉です。「ぜひとも司令部の軍紀を粛清すべきである」辻はこういうこと言う人です。満州でもやってます。今村均さんが関東軍参謀副長をしていたころ今村さんに直談判しています。「公費での飲食は禁止すべき」上の人間は、こう言ってもらうとやり易いですよね。そんなわけで、敵もつくるんですが、急速に上司に近づきます。 しかし山下さんなんかには、すぐにバレちゃう。 後ろにいるときだけ威勢のいいヤツっていますけど、辻は、それとは違います。やるときはやります。 たとえばコタバル上陸。このアイディアを実現させるために辻は自ら偵察に出かけています。開戦前の神無月です。「明日、南部タイと北部マレーを飛んでみたいが、やれるか」「はい、飛びます。参謀殿がいかれるなら、わたくしが操縦します」「そりゃあ、ありがたい。じゃあ、日の丸を塗りつぶしておいてくれ」「わかりました」無断で他国の上空を飛ぶわけですから、発見されれば戦闘機がやってきます。戦闘機に追われれば、まず生きて帰れない。二つ返事のこの偵察将校も立派ですが、辻は弾雨を恐れる参謀ではありませんでした。 シンガポールが落ちると、辻は参謀本部に復帰し、待望の作戦課作戦班長に就任します。そして班長補佐の瀬島龍三を随えマニラに飛びます。 辻は勝手に捕虜を殺せって軍命令を出します。141連隊の今井武夫連隊長や、第10独立守備隊の神保信彦高級副官などは、本間雅晴軍司令官がこんな命令を出すわけがない。と、確認につとめ、142連隊の藤田相吉連隊副官は「わたくしを軍法会議にかけてください」と、ガンとして拒絶しています。 辻は、どこに行ってもこういう勝手な命令を出すんです。 辻政信、のちには国会議員になっています。讃えられるべき功績もあったのでしょうが、こういう品位のない人間を、重い仕事に就かせてはいけませんね。 悪魔的作戦参謀辻政信

参謀本部の暴れ者陸軍参謀朝枝繁春

この朝枝さんっていう人は、シベリアに連れていかれてますから「洗脳された人間」みたいな烙印を押す人もいるようです。ただ、この本を読む限り、ボクはこの人を評価したい。 開戦前に「農林技師藤井猛」としてタイに乗り込んでいます。タイのホテルに着いた翌朝にはバンコクの移民局から出頭するように連絡が入っているという、状況で、納得いくような調査はできなかったわけですが、山下奉文さんの第25軍の参謀として開戦を迎えます。 参謀本部の暴れ者陸軍参謀朝枝繁春 三根生久大 〈文藝春秋〉 貧苦の中から陸軍士官学校市ヶ谷台の無法松青年将校の義憤区隊長から陸大へ辻政信との出会いマレー上陸作戦大本営作戦課痛恨の対ソ戦略満州隠密行無法松の「シベリア証言」  あとがきに代えて 参考文献 朝枝繁春さんの父親は、膝から下がなく、両手の指がありませんでした。日露戦争で勇戦敢闘した生き残りなんですが、手足を失ったのは、除隊後に凍傷にかかって切断したためです。そのため、戦傷ではありませんので食っていけるほどの恩給は出ません。繁春は、母親を助けるため小学生の時から働、き弟たちの面倒を見ました。 おそらく現代人が想像する貧苦などとは桁が違います。その中で学校は一日も休まず、成績は超優秀でした。 海軍にダブる人がいます。高木惣吉さん。海軍大臣の命を承けて、終戦工作に奔走した人です。高木さんのお父さんは、やけ酒の飲み過ぎで身体を壊し、過程が貧困に陥り、惣吉自身は勉強が好きで高等教育を受けたいがために、海軍兵学校を受験しました。この受験までもかなり苦労されています。高木さんは、過労から体を壊してしまいましたが、朝枝さんは体が強く、弾雨の下で作戦をめぐらすことのできる参謀となりました。 山下さんの第25軍は、通常であれば主力部隊である第五師団が上陸作戦をせいこうさせたあとに、上陸を開始するものですが、軍司令部の幕僚は第一梯団に在って上陸作戦の陣頭に立つことにしました。こういうことって大きいんですよね。特に初戦ですから。そして「戦死後開封のこと」と断りを入れた遺言状を軍司令官以下がそれぞれの家族にあてて書いたものを、保管依頼状ととも南方総軍に送っています。 朝枝さんはパタニ上陸の安藤支隊に派遣参謀として在りました。パタニは農林技師藤井猛として偵察した浜で、上陸に最適と判断した場所でした。最適のはずでした。ところが、朝枝さんが偵察に訪れたときは満潮時で、作戦時は干潮です。バンコクに入った当初からつけられていたこともあり、主力部隊の上陸地点であるシンゴラに比べ身の危険の方に神経がいってしまっていたようです。「あの時、もし、タイの軍隊から攻撃を受けていたら・・・ 今でもその時の光景が夢の中に出てくるんですよ」戦後、朝枝さんは三根生さんに語っています。 シンガポールを陥落させた後は、関東軍の参謀となり、のちに大本営参謀となります。そして、山下さんがフィリピンで第14方面軍司令官としてレイテ決戦に臨んだ時は、派遣参謀として仕え、内々でアメリカとの講和を探りますが、そのことがバレて大本営に呼び戻されます。そして、本業である対ソ研究に励むわけですが、ソ連軍が不法侵攻を始めたため、関東軍に作戦命令を徹底させるために朝枝さんが派遣されるこことなり、そのままシベリア抑留となるわけです。 参謀本部の暴れ者陸軍参謀朝枝繁春